ニュース

ユースビオはペーパーカンパニー?ダミー会社?お友達企業?

ユースビオはペーパーカンパニー?ダミー会社?お友達企業?

新型コロナウイルス感染拡大で、妊婦向け配布布マスクの納入した業者のうち

3社は公表されていましたが、残る1社は公表されずにいました。

しかし4月27日に、新たに福島県福島市に本社を置く「株式会社ユースビオ」が遅れて公表されました。

なぜ遅れて「株式会社ユースビオ」の公表に至ったのか?と世間では話題となっており

「株式会社ユースビオ」はペーパーカンパニーやダミー会社、安倍政権のお友達企業?などネット上で噂されています。

今回は、「株式会社ユースビオ」について詳しく調べまとめてみました。

株式会社ユースビオはペーパーカンパニー?

ペーパーカンパニーとは、法人登記はされているものの事業活動の実態がない会社のことです。

「株式会社ユースビオ」の住所は福島県福島市西中央5丁目54番6号で
法人登記はされているものの、
代表者名、電話番号、メールアドレス、ホームページ、事業内容は登録されていなく、
インターネットで「株式会社ユースビオ」について検索をしてみても、情報を見つけることはできませんでした。

さらに、「株式会社ユースビオ」の住所をグーグルマップのストリートビューで確認をしてみたところ、平屋のプレハブみたいな建物で看板もなく、どこが「株式会社ユースビオ」なのかを特定することができませんでした。

https://www.google.co.jp/maps/@37.7579174,140.4280229,3a,90y,157.6h,89.45t/data=!3m7!1e1!3m5!1s-NclQ4iEelZv8lJ0o0fUYA!2e0!6s%2F%2Fgeo0.ggpht.com%2Fcbk%3Fpanoid%3D-NclQ4iEelZv8lJ0o0fUYA%26output%3Dthumbnail%26cb_client%3Dmaps_sv.tactile.gps%26thumb%3D2%26w%3D203%26h%3D100%26yaw%3D98.08141%26pitch%3D0%26thumbfov%3D100!7i16384!8i8192?hl=ja

また、国税庁の住所検索をしたところ、「株式会社ユースビオ」と同じ登記住所に他10社もあるようですが、このグーグルマップのストリートビューを見る限り、どう見てもこの平屋の建物に11社もあるようには感じません。

これらの理由から、ペーパーカンパニーではないかと言われています。

「株式会社ユースビオ」はダミー会社?

「株式会社ユースビオ」に関してダミー企業では?という声が多数上がっています。

ダミー企業を作る目的としては、
悪徳商法などの違法行為を行う目的のときと、脱税や節税・粉飾決算目的の時があります。

「株式会社ユースビオ」は法人登記はされていますが、
2020年4月10日に、法人登記変更手続きをされ、2020年4月28日閲覧及び謄本交付可の状態になりました。

3月にマスクの受注の契約を結んだときの「株式会社ユースビオ」の法人登記簿では
再生可能エネルギー生産システムの研究開発・販売
バイオガス発酵システムの研究開発・販売
オリゴ糖の糖質の生産・加工・販売
と記載があり、マスクの輸出入についての記載は一切ありませんでした。

2020年4月10日の変更で「貿易および輸出入代行業ならびに、それらの仲介およびにコンサルティング」が加わりました。

登記には登録もされていますが、雇用実態について調べてみると、労働保険には未加入であることがわかりました。

さらに、同住所にある「株式会社樋山ユースポット」は、ともに樋山茂社長が代表を務めているようで、2018年に脱税の容疑で逮捕され、懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決をされています。

そのため、節税目的のダミー企業?とも考えられます。

株式会社ユースビオはお友達企業?

「株式会社ユースビオ」は、実態も不明であり、前項で述べたと通り謎が多い企業のため、お友達企業では?とも噂されています。

「株式会社ユースビオ」の樋山茂社長は、公明党との癒着があるのでは?といわれており、公明党の若松謙錐議員に寄付をしていることが明らかになりました。

ユースビオの社名が報道されてから取り沙汰されているのが、公明党の若松謙維参議院議員との関係だ。福島市のユースビオの事務所には若松議員のポスターが貼られており、2015年には樋山社長が若松議員に12万円の寄付をしていることが、政治資金収支報告書に記載されていた。


引用元:

これだか「株式会社ユースビオ」について怪しいといわれながらも、政府は癒着については否定をしました。

菅義偉官房長官は28日の会見でネットで飛び交うアベノマスクの納入業者選定疑惑について「国会議員や地方議員から個別の企業の取引を促すような口利きや紹介はなかったと聞いている」と釘を刺した。


引用元:

まとめ

2020年4月27日に、妊婦向け配布布マスクの納入した業者の残る1社である「株式会社ユースビオ」が公表され、ペーパーカンパニー・ダミー会社・お友達企業と噂されています。

「株式会社ユースビオ」は法人登記はされているものの、代表者名、電話番号、メールアドレス、ホームページ、事業内容は登録されていませんでした。

「株式会社ユースビオ」の住所は、平屋のプレハブみたいな建物で看板もありませんでした。

国税庁の住所検索をすると。「株式会社ユースビオ」の同登記住所に、他10社がありました。

同登記住所にある「株式会社樋山ユースポット」は脱税にて2018年に告発されており、「株式会社ユースビオ」の樋山社長が脱税の容疑で告発され、懲役1年6カ月執行猶予3年の判決を受けています。

「株式会社ユースビオ」は2020年4月10日に登記変更をされ、「貿易および輸出入代行業ならびに、それらの仲介およびにコンサルティング」が加わりました。

「株式会社ユースビオ」の樋山茂社長は、公明党の若松謙錐議員に寄付をしていたことがわかりました。

ペーパーカンパニーやダミー会社、お友達企業についてはネット上の噂にすぎませんが、日本国民の税金を使いマスクを配布するため、なぜこの会社をマスクの調達先にしたのか説明が必要に感じます。