未分類

ウール50ポリエステル50の衣類は洗濯できる!?自宅で自分で洗濯しても大丈夫!?

・こんな衣類は洗濯できる?ウール50ポリエステル50
ウール50ポリエステル50というとどんな衣類を想像するでしょうか。
先に具体例を挙げていくと、スーツやスラックス、学校の制服などもこの比率のものが多くみられます。
生地の強度という点だけをとればポリエステルが使われているため丈夫であるという特徴があり、この線維を使ったものとしてペットボトルの原料であるPET(ポリエチレンテレフタレート)もこの仲間です。
それだけ丈夫なので毎日着用するスーツやスラックス、学校の制服として用いられることが多い素材になります。
ただ、ここに質感を高めるためにウールを50%入れたものが今回紹介する衣類です。
化学繊維だけであれば何も気にせず洗濯機に入れてしまうのですが、ウールが気になって洗濯を躊躇するということも少なくありません。
今回、このウール50ポリエステル50の洗濯と言うテーマでお話しします。
これを読めばウール50ポリエステル50をどのようにクリーニングしたらいいのかと言った疑問について知ることができるのではないでしょうか。

・ウール50ポリエステル50の洗濯はクリーングしかない?
最初に結論を言うと自宅でも洗濯できます。
ただ、クリーニングに出した方がより風合いを残してきれいに洗濯することができます。
特に、スラックスに関してはいくつかの注意点さえ押さえれば可能です。
ただ、注意点として普通の洗濯の方法では難しく、特にスーツや制服のブレザーに関してはリスクも大きいため、可能であればクリーングを利用してプロの手で洗濯してもらうのが最良の方法です。
なので自信がなければ基本的にクリーニングに出すのがベストです。

・自分で洗濯!ウール50ポリエステル50
それでも自分で何とかならないかと考えるのですが、その場合はまず自分のところで可能かどうかの分別を行います。
タグのところに洗濯マークに×印がついていたら自宅では無理なので、あきらめてクリーニングに出すしかありません(色落ちしていてそろそろ変えようと思っているものであれば思い切って手洗いするのも手です)。
ただ、それ以外の場合はおしゃれ着洗い用の洗剤、柔軟剤、洗濯ネットを用意し、上着用とズボン用にそれぞれ専用の洗濯ネットを用意します。
そして慎重に洗うのですが、スーツによっては洗濯で色落ちする場合があるので、洗濯前に確認しておくこと(ティッシュを濡らし、濡らした部分に中性洗剤の原液をつけ目立たない場所に①のティッシュを置き、5分間放置してチェックできる)や手洗いで慎重に行うのがポイントです。
また洗濯機の場合は直接洗剤をかけないことや脱水を一分にして最小限にするなどの工夫をします。
干す際はハンガーにタオルをかけて、その上にスーツをかけて表示に従って(陰干しなど)干します。
手はかかりますが、このように自分でも洗うことは不可能ではありません。