ニュース

富川悠太アナかわいそう、報ステ降板決定的か?コロナと嫁(妻)が虐待疑惑

2020年4月11日に新型コロナウイルスに感染したことが明らかになった富川悠太アナウンサー。

誰がなっても仕方がないといわれる新型コロナウイルスですが、
富川悠太アナウンサーは発熱があったものの、解熱したことで出演を続けており、批判の声もありました。

4月21日に退院し、現在も自宅療養中です。

そんな中、文春オンラインにて、富川悠太アナウンサーの嫁が虐待疑惑を封じました。
音声動画もあることから、富川悠太アナウンサーの報道ステーション降板は決定的か?との見方もあります。

今回は、富川悠太アナウンサーは報道ステーションを降板するのかどうかの情報を調べ、まとめてみました。

富川悠太アナ、新型コロナウイルス感染で報ステ降板の方向へ?

富川悠太アナウンサーは、2020年4月11日、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになりました。

その後2020年4月21日に、PCR検査2度陰性となり退院しました。
しかし、2020年5月12日現在、富川悠太アナウンサーはいまだ自宅療養中で、報道ステーション復帰の予定は公表されていません。

そのため局としては、富川アナを降板させる方向だという話も漏れ伝わっています。ただ、感染を理由に降板させると、それはそれで批判を浴びかねず、かといって続投させても視聴者から“どうなのか”という反応も出るので、富川アナの自発的な申し入れというかたちを取るのではないかという声もあります。いずれにしても、“降板やむなし”という空気なのは確かですね」(テレ朝関係者)


引用元:

富川アナは4月3日と4日に、38度の発熱症状があったものの解熱したため、6日から9日は報道ステーションに出演していました。
しかし7日以降、声がかすれたり息切れ、息苦しさの症状が出ており、11日に新型コロナウイルス陽性が判明。
発熱後に報道ステーションに出演し続けていたことに対して、批判の声もあがっていました。

報道番組では、視聴者に新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための行動を呼びかけています。
もし、富川悠太アナウンサーが復帰したら、視聴者は違和感を感じるとともに、説得力のない報道番組になってしまうとの見方もあります。

そのため、復帰するとするならば、緊急事態宣言後だとも言われていました。

批判の声が上がる一方でこんな声もあがっています。

確かに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ行動を促す情報番組で、発熱後も出演を続けたことで批判がたくさんあったことは事実です。
しかし、新型コロナウイルスに感染した身として、症状のことや医療現場のことなど体験したことを身をもって伝えてほしいといった意見もあり、新型コロナウイルスに感染しただけでは降板とまでは考えられてなかったと思います。

富川悠太アナの嫁が虐待疑惑で、報ステ降板決定的?

2020年5月11日、文春オンラインが、富川悠太アナウンサーの家に、警察官と児童相談所職員が出動するトラブルがあったことを報道しました。

 小池百合子都知事がゴールデンウイークの「ステイホーム」を呼びかけていた5月3日(日)の午前1時頃、都内のとある閑静な高級住宅街の一軒家に、警察官と児童相談所職員が駆け付けるトラブルが発生したことがわかった。この“黒い家”のあるじは、テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」のメインキャスターを務める富川悠太アナウンサー(43)だ。


引用元:

原因は、富川悠太アナウンサーの嫁による怒鳴り声です。

こちらが、音声動画です。

富川一家が引っ越してから3年間、富川悠太アナウンサーの嫁の怒声は、近隣住民の間でも話題となっており、この報道が本当であるならば、日常的な虐待の疑いの可能性もあると考えられます。

新型コロナウイルスに感染し、自宅療養中におきた虐待疑惑での警察官と児童相談所職員の出動で、報道ステーションを降板するのでは?の声が多くあります。

世間では降板の声が多いものの、正式に発表をされたわけではありません。

富川悠太アナウンサーには中学1年生と小学3年生の男の子がいらっしゃるとのことで、現在2人とも休校中であると思います。

富川悠太アナウンサーの嫁もは、2人の息子が自宅待機でずっと家にいることによるストレスもあったのかもしれません。

しかし、富川一家が引っ越してから3年間、近隣住民の間では怒鳴り声は話題となっていることもあり、家庭に何か問題があるのかもしれませんね。

音声動画を聞く限りでは、虐待を疑われても仕方ないと思います。

また、富川悠太アナウンサーは2016年から報道ステーションのメインキャスターとして活躍されています。
日本中から注目される報道番組のメインキャスターともあり仕事に追われており、家庭がギクシャクしたのかもしれませんね。

これを機に、報道ステーションを降板して、家族と向き合う時間を作るというのもいいかもしれませんね。

もし、報道ステーションに復帰するのではるならば、私はこの虐待疑惑についての説明をしてから復帰していただきたいと思います。

まとめ
2020年4月11日、富川悠太アナウンサーの新型コロナウイルス陽性と報道されました。
富川悠太アナウンサーは4月3日と4日に38度の熱があったものの、解熱したため、6日〜9日まで報道ステーションに出演していました。
富川悠太アナウンサーは2020年5月現在、自宅療養中です。
自宅療養中である5月3日に、富川悠太アナウンサー家に警察官と児童相談所職員が出動する騒ぎがあったと、報じられました。
騒ぎの原因は、富川悠太アナウンサーの嫁の子供に対する怒声で、虐待も疑われています。
新型コロナウイルス感染の経緯と、虐待疑惑をふくめて、世間から報道ステーション降板という声が多く聞かれますが、正式発表があったわけではありません。

文春オンラインの報道が本当であるならば、子供たちのためにも、家庭内の問題を第一に解決できるといいと思います。