ニュース

高井崇志議員の経歴やプロフィールは?結婚は?嫁は誰で画像は?家族は?

高井崇志議員は、1969年9月26日生まれで出身地は北海道函館市となっています。彼は函館ラ・サール高校を卒業した後、東京大学経済学部に進んでおり、議員らしくかなりの高学歴の持ち主です。そして大学の卒業論文として「NTT分離分割論」をテーマにした事でも分かる様に電気通信行政に関心を持っていた事から、大学卒業後の1992年郵政省に入省し、電気通信局電気通信事業部に配属となりました。その後はドイツにあるヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学、通称ミュンスター大学に留学した後、帰国後は大臣官房総務課行政改革担当係長や、総務省情報通信政策局放送政策課課長補佐として働いたのです。そうして2001年に岡山県庁企画振興部情報政策課へ出向し、その出向中に岡山県選挙区選出参議院議員の江田五月氏の秘書に転身を決意し、総務省を退官したのです。その後は2005年に民主党から、参議院議員通常選挙における岡山県選挙区の公認を受けたもののこれを辞退し、岡山市長選に出馬します。所が10月9日の市長選に落選し、当時所属していた民主党を離党したのです。もっともその後、民主党岡山県総支部連合会が実施した衆議院議員総選挙の候補者公募に応募し見事に合格した事で、再び民主党への入党を果たします。そして迎えた2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に民主党公認として岡山1区から出馬を果たし、選挙区では自由民主党の逢沢一郎氏に敗れたものの、比例中国ブロックで復活を果たして初当選したのです。晴れて国会議員となった高井崇志氏ですが、2012年12月16日に行われた第46回衆議院議員総選挙で、民主党公認としては岡山1区から再び出馬するもまたもや自由民主党の逢沢一郎氏に敗れてしまいます。しかも今度は比例復活もならずに落選してしまったのです。その結果、翌2013年5月に民主党を離党し、同年7月に行われた第23回参議院議員通常選挙に、無所属として岡山県選挙区から出馬しました。所がここでも落選し、10月の岡山市長選挙にも無所属として立候補するも、またしても落選してしまったのです。この様に選挙戦で苦渋を舐め続けた高井崇志氏ですが、2014年12月に行われた第47回衆議院議員総選挙で、岡山1区から維新の党公認で出馬しました。選挙区では逢沢氏に敗北したものの、今度は比例ブロックでの復活を果たして議員として返り咲いたのです。2016年3月27日、維新の党が解散し民主党との合流する事が決まり、再び民進党所属となりました。 2017年10月には希望の党に公認申請をしていたものの折り合わず、結果的に立憲民主党から出馬する事になったのです。ただし選挙区ではまたもや逢沢氏に破れたものの、比例復活を果たして3選となりました。そうして迎えた2020年4月14日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令から2日後の4月9日夜、東京の歌舞伎町にあるセクシーキャバクラに既婚者であるにも関わらず通っていた事が判明したのです。翌15日に本人は責任を取って所属していた立憲民主党に離党届けを出したものの、認められず除名処分を受けました。こうして国会議員としての自覚もモラルも欠けている事が明らかとなり、高井崇志議員は厳しい非難を浴びる事になったのです。しかも前述した様に彼は既に既婚者であり、2016年に書かれたブログで結婚を報告しています。妻となった女性は福岡県直方市出身の映像プロデューサーの長谷川千佐子さんで、選挙に破れた浪人時代にも彼女に支えて貰ったという感謝の気持ちが結婚報告の際のブログにも綴られているのです。そんな奥さんの画像ですがSNS上にも、幾つか存在しています。


だからこそ、ネットで検索すれば見付け出す事が出来ます。ただし2人の間に子供がいるという情報は少なくともネット上には見当たりません。なので子供はまだいない可能性があります。