私の出産体験談 | 3人目の出産でもやっぱり痛い!でも可愛い!!

予定日超過からの促進剤入院の日の朝破水!

3人目の出産の時の話です。
上の子2人共予定日を超過して促進剤での出産でした。
3人目も例の如く予定日を超過して1週間経ちました。
前日の健診で入院が決まり、3人目も促進剤か?と少し落ち込みながらの帰宅となりました。41週と1日のことでした。
思えばこの時から少しずつ出産の兆候がありました。
家に帰宅しトイレに行くと、ゼリー状のピンクのおりものがたくさん出ていました。今思えばおしるしだったのかもしれませんが、上の子たちの出産は何の兆候もないままの入院だったのでおしるしとは思いもしませんでした。
その辺りからなんとなく腰に痛みがありました。そしてどんどんゼリー状のおりものが増えていき、血も混ざるようになっていきました。それでも全く陣痛がくるとも思わず、普通に過ごし朝を迎えました。
朝目が覚めた瞬間、ジュワッと水のようなものが出た感覚がありました。もしかして破水??と思ったのですが、その後全く出てこなかったので上の子たちを学校に送り出し、予定通り入院の準備をして病院に向かいました。
主人も立ち会うことになっていたため、一緒に産院へ。
途中コンビニで買い物をしたのですがレジで急にゴーンって腰に痛みが走り動くことができなくなりました。
痛みがさると普通に歩け、また15分後に痛みが!
陣痛?と思ったのですが、私は促進剤で起こす急に痛みマックスの陣痛の経験しかなくこんなにじわじわと痛くなるなんて思いもしなかったので、これはきっと前駆陣痛だと思い、朝ごはんをのんびり食べてから産院に入りました。

・入院の際の準備

私が出産した病院では、ほぼ準備するものがないくらい揃えてあったので準備したものは最小限でした。
産褥ショーツ 3枚
骨盤ベルト
ティッシュ
タオル
化粧ポーチ
ビデオカメラ
携帯の充電器

これくらいを持っていき、あとは主人にその都度お願いして持ってきてもらっていました。

・急展開の出産!

病院について外来に行き診察をしてもらいました。
すると、先生と看護師さんが慌ただしくなりました。
「お母さん!破水してるよ??いつから??」
と先生に言われ、私はポカーン。
全く気付きませんでしたと言ったら笑われてしまいました。

すぐに入院の準備をし、病室へ案内されました。
点滴を打たれながらNSTを付けました。
「お母さん陣痛来てるけどわからない?」
そこでも私はびっくり!
これ陣痛なんですか?って看護師さんに質問責めでした(笑)
子宮口を測ってもらうとまだ2センチということで、勢いつけるために促進剤少し飲んでおこうと言われ促進剤の錠剤を一錠飲みました。
今日中に産まれたらいいね~なんて看護師さんと話し、病室へ。
主人と最後の妊婦姿の写真を撮ったり、持ってきたお菓子を食べたり、陣痛来てるの?って不思議なくらいのんびり過ごしていました。
促進剤を飲んでから痛みは5分間隔だったのですが、息を吸って、吐いて、手の力を抜いて、その繰り返しをするとそこまで痛くなく、穏やかに過ごすことができました。
痛みを忘れるために廊下を散歩してたら先生に会い、
「その感じじゃまだまだ余裕そうだねー」
なんて言われてしまうくらい平気だったみたいです。

正午12時になり、お昼ご飯が病室に届きました。
よし食べようと思って口に入れようとした瞬間、今までと全く違う痛みがきました!
喋る事もできないような痛みでした。
ご飯は主人に食べてもらい、座ることもできなくなり横になって丸まってひたすら耐えていました。
そのとき3分間隔です。
でもまだまだこんなもんじゃないはず!と思い静かに深呼吸して、主人に腰をさすってもらいました。
12時30分頃、急に我慢できないほどの痛みといきみみたくなりナースコールをしました。
看護師さんがきてくれ、お腹の張りをみてもらうと
「あら、産まれるね!分娩室行こう!」
と言われ、私と主人はびっくり!
だって本格的な陣痛がきて30分しか経ってないんです(笑)
痛みのないときにスタスタ歩いて分娩室まで行き、看護師さんとも雑談をしながら分娩台に上がりました。
子宮口を測ってもらうと、なんと8センチ!
急いで先生を呼んでもらいましたが、なぜか先生の電話が繋がりません。
でももう我慢できず、全開になったところで助産師さんに指示をしてもらい、分娩のスタイルに。
主人も呼んできてもらい、いよいよ出産です。
「3人目だから自由に産んじゃって~」
と助産師さんに言われました。
先生がいないので会陰切開が出来ず、助産師さんが会陰が切れないように手で広げてくれます。
私も息をたくさん吸って長くいきむことを意識しました。
赤ちゃんが通ってくる感覚が分かります。
頭が挟まっている瞬間が本当に激痛でした!
でも赤ちゃんも頑張ってる、私が泣き言なんか言えない
そう思い、無言で耐えました。
助産師さんに、
「もういきまないで~」
と言われ、はっはっはっと息を吐くと
ずるっと赤ちゃんが産まれました!
痛かった陣痛が嘘のようになくなり、赤ちゃんとやっとご対面。
出産後すぐの赤ちゃんはお世辞にも可愛いという感じではないのですが、我が子はとにかく可愛い!可愛いの一言!
自然と涙が流れていました。
赤ちゃんにありがとう。
助産師さんにありがとう。
そして分娩室に入って15分での出産だったので主人の存在忘れてましたが、主人にも感謝のありがとうを伝えました。
分娩時間は3時間。
でも痛いのは1時間のスーパー安産でした。

・久しぶりの出産はやっぱり痛い!でも可愛い!

上の子と10歳離れていて久しぶりの出産だったので、楽しみな部分と不安と半々でした。
陣痛は怖い記憶しかなかったので、私が耐えられるかもとても不安でしたし、臨月に入ってからは毎日夢に出てくるほどでした。
しかし、案ずるより産むが易し!
出産は本当に素晴らしいです。
痛い思いをして会えた我が子は、すごく可愛い!
みんなを幸せにしてくれる存在です。
歳が離れての妊娠で色々な思いはあったけれど、この子を腕に抱いたときそんな思いはどこかへ吹っ飛び、可愛いしか考えられませんでした。
主人も初の女の子にメロメロ。
上の子たちも同じくメロメロで、入院中は赤ちゃんの奪い合いでした(笑)

・陣痛促進のために

上の子2人が促進剤での出産だったため、何がなんでも今回は自然に陣痛を起こしたいと思い、色々なことをしました。
スクワットは毎日やり、雑巾掛けも階段上りもやりました。
ジンクスと言われるオロナミンCや、焼肉とカレーなどありとあらゆるものをしましたが、どれも効きませんでした。
でも、結果的に自然に陣痛がきて、子宮の開きもすぐの安産だったので、スクワットなどの運動はやっててよかったと思いました。

・入院中持っていけばよかった!

入院中ほとんどのものは揃っていたのですが、持っていけばよかったものもありました。
私の場合出血が多く、産褥ナプキンが用意してあった量では足りませんでした。
なので主人に買い足してきてもらいました。
あとは、ガーゼを持って行ったのですが、うちの子は吐き戻しがすごく多くてガーゼでは間に合いませんでした。
小さめのタオルのようなものを途中で買ってきてもらい、それでげっぷをさせて拭いていました。タオルだとびちゃびちゃにならず、使い勝手が良かったです。
その他に、冬の出産だったのでとにかく体が冷えてしまい、靴下や腹巻やカーディガンなど、防寒グッズがあればよかったかな?と思いました。

これからお産を迎える方、きっと不安と楽しみな気持ちでいっぱいだと思います。
でも絶対に大丈夫!
赤ちゃんも頑張っている、赤ちゃんもママに会いたくて陣痛を起こしています。
ママも赤ちゃんに会える楽しみを想像しながらリラックスしてその日を迎えてみましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私の出産体験談 | 高血圧症と予定日超過で管理入院。トータルで5日かかりました・...

NO IMAGE

私の出産体験談 | 夜中に大量の出血!痛みは無かったので朝一で病院へ。

NO IMAGE

私の出産体験談 | 出産の始まりは破水からだと思い込んでいたら陣痛が始まっていま...

私の出産体験談 | 病院に着いてから出産まで3時間半、予定日より1日遅れで産まれ...

NO IMAGE

私の出産体験談 | 初産は遅れると聞いたいましたが、予定日から1週と3日遅れた4...

NO IMAGE

私の出産体験談 | 破水から始まった初産。破水当日も7キロ歩くなど、ウォーキング...