未分類

正月飾りはいつまで飾るの?東京や場所によって違いはある?

お正月になるとお飾りをする家というのも多いのではないでしょうか。三が日は飾っているということは知っていても、それなら4日には片付ける必要があるのか、など疑問に思われる方も多いといえます。そもそも正月飾りを行う意味を知っておかないと、片付けるタイミングもあやふやになってしまいます。正月飾りを行うのは、厄災を払い幸せを招くという意味があります。正月の飾りは松の内という歳神様が宿っている期間、歳神様の為に飾るというのがそもそもの由縁です。そのため、この松の内の期間が終わる頃が正月飾りを片付けるタイミングともいえます。
この松の内の期間というのは実は地域によっても異なります。大まかに分けると、関東では1月7日、関西では1月15日までとされています。元々は1月15日まで飾っていることも多かったのですが、正月の後には七草粥を食べる習慣があり、この七草粥を食べることで正月が終わったと感じる人が多いことから、1月7日には正月飾りを片付けるといった家庭が増えていったのです。しかし気をつけなくてはいけないのは関西だから1月15日まで飾っていても大丈夫ということではありません。地域によって期間は異なりますし、正月飾りの種類によっても実は片付けるタイミングというのは異なっています。門松などは1月7日まで飾っておくのが一般的です。しめ縄は1月15日のどんど焼まで飾っておくといった方も多いのですが、門松などと一緒に片付けるという家庭も多いです。飾りモチに関しては1月11日が鏡開きを行うのが一般的ですので、この鏡開きまで飾っておくのが一般的です。飾りモチは神様へのお供え物ですので、飾り終えたから捨てるといった行為は行ってはいけません。神様へのお供え物もしっかり食べることで縁起を担ぐといわれていますので、飾りモチは1月11日の鏡開きまでお供えをしていただくことが大切です。
正月飾りを片付けるのは地域によっても異なりますが、では自分の地域がどの日に属するのかということが分からないといった方も多いのではないでしょうか。引越しをしてきたばかりといった場合にはどの日に処分する地域なのかを分からないといった悩みを抱えてしまうかもしれませんが、実はどんど焼がいつ行なわれる地域なのかを把握することで正月飾りを片付けるタイミングを知ることが出来ます。もしも1月15日にどんど焼が行なわれるのであれば、たいていが1月7日が正月飾りを片付けるタイミングとなります。

正月飾りは東京ではいつまで飾っているかというと、1月7日までです。この1月7日まで正月飾りを飾るという文化は東京だけではなく東京近辺や、他の地方にも広まって根付いています。1月11日は本来鏡開きがあり、お餅を食べる習慣があります。正月が終わったという意味で鏡開きをするのに正月飾りを飾ったままだとおかしくなります。鏡開きの1月11日に合わせて正月飾りは正月が終わってすぐ1月7日まで飾り、それ以降はずっと飾らない文化が東京や東京周辺では続いています。
本当はもう1つ早く片付ける理由があります。理由とは、東京では昔江戸時代に火事が多く、燃えやすいものを気にしていたからです。例えば門松も燃えやすいし、玄関に飾るしめ縄も燃えやすいため、江戸時代の人は心配をしていました。この文化が今でも根付いて東京では正月が終わると早く飾りを片付けるようになりました。それまでは東京も他のところも1月20日までは飾る習慣がありましたが、時代や地方の流れと共に東京でも変わるようになりました。
正月飾りとして餅に関してですが、先ほども少し説明した通り鏡開きの文化はあるため、餅だけは1月11日まで飾ります。昔は大きな餅を砕いて割る風習もあり、今は少なくなりました。鏡開きはどこでも同じようにお汁粉にしたり、そのまま餅に醤油をつけて食べたり、きなこ餅にしたりする文化は東京だけではなく他のところでも根付いています。ちなみに東京と大阪では鏡開きの食べる日が違い、東京では1月11日、大阪では1月15日が餅を食べる日になります。
しめ縄を燃やしたりお焚き上げするのは東京も1月15日です。これまではずっと飾っておくのではなく自宅にしまっておきます。今では捨てる家庭もあるとは思いますが、今でもお焚き上げの文化は続いています。飾る、餅を食べる、お焚き上げが終わると正月に飾ったものや風習やするべきことは終わります。東京では大阪とは違い、飾りや餅を食べる時期が全て異なります。
この餅を食べる日付もお焚き上げも東京だけではなく東京周辺、愛知県などの東海地方まで根付いています。一方関西の文化はごく一部だけ広まっているため、東京の文化の方が大きいのがよく分かります。ちなみに去年のものを使いまわすのはあまりよくありません。それは神様が新鮮な状態で迎え入れるという意味で使いまわしません。そのため東京でも毎年年末前になると新しいしめ縄や門松が販売されており、毎年新しいものを決まった日まで飾ります。