未分類

心臓の若返り食材とは!?日本人に慢性的に不足している成分とは!?




心疾患で亡くなっている人は「1日に570人」もいます。寒さを増す11月辺りから、死亡者が増え始め、年間では「20万人」もの人が、心疾患で亡くなっています。なので、これ以上心臓を老けささないように、若返る食材を紹介していきたいと思います。

【心臓を若返らせる食材】
(ほうれん草)
心臓を若く保つことができると考えられている栄養素として「鉄分」があげられます。鉄分は、人間の身体を動かすエネルギー源になり、しっかり鉄分を摂取することで、ミトコンドリアを活性化させ、心臓機能がアップすることに繋がります。日本人は、慢性的に「鉄分が不足している」と言われています。そのため、鉄分を摂取することが大切です。

そこで、心臓を若返えらせる食材としておすすめなのが「ほうれん草」です。ほうれん草は、100g程度で鉄分は「約2mg」程度摂取することが可能です。ほうれん草の栄養素には、鉄分だけではなく、野菜の中では「トップクラス」と言われるほどの栄養価がたくさんあります。なので、ほうれん草を食べることで、様々な栄養素を摂取することができます。




【まとめ】
心臓を若返えらせる食材である「ほうれん草」について、説明してきました。ほうれん草は、生でも食べれますし、な何かと炒めたり、煮たりすることもできる食材なので、毎日食べても飽きにくい食材でもあります。ほうれん草を食べるのが苦手だと言う人は、ほうれん草とレモンで「スムージー」にして飲むのがおすすめです。