芸能

スカーレット武志がナレ死!武志ロス!ナレ死の意味や他の朝ドラでも?

朝ドラ通算101回目の作品となったスカーレット。
女優・戸田恵梨香さんが主人公・川原喜美子役、
そして主人公・川原喜美子(戸田)の長男で伊藤健太郎さん演じる武志がナレ死で旅立ちました。

武志のナレ死のシーンはどんな感じだったのか?

朝ドラではナレ死のシーンが使われることが多いですが、
改めてナレ死の意味、他の朝ドラであったナレ死も気になったので調べてみました。

スカーレット・武志がナレ死。どんなシーンだった?

武志の白血病は第131話(3月6日)で判明。1983年(昭58)、喜美子45歳、武志22歳の時だった。2年後。医師の大崎(稲垣吾郎)は武志が亡くなる3日前のこと、父の八郎(松下洸平)は武志の“遺言”を喜美子に伝えた。


引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000146-spnannex-ent

スカーレット・武志がナレ死。改めてナレ死の意味は?他の朝ドラでもナレ死はあった?

千葉雄大さん演じる新一兄さん