未分類

さかなクンが異例の帽子着用で国会へ!何を話す?さかなクンってどんな人?

さかなクンってどんな人?その経歴は?
さかなクンは現在、タレントや魚学者として活躍しています。
東京都出身の1975年8月6日生まれで、本名は宮沢正之と言います。
父親は囲碁界で有名な宮沢吾郎で、九段の腕前です。
そしてさかなクンは、子供の頃から海洋生物が大好きだったそうで毎週のように水族館へ通っていました。
さらに物心ついたときには魚の絵を描くくらい魚が好きだったようです。
さらに水槽をじっと眺め、魚を観察する日々だったそうです。
小学校は神奈川県の綾瀬市立北の台小学校で、中学校は綾瀬市立北の台中学校です。
そして、神奈川県立綾瀬西高校の高校三年生のときにはTVチャンピオンに出場し全国魚通選手権で準優勝しました。
さらにはその後も5連覇を成し遂げてるのです。
そのときに出場していた選手権で、さかなクンと呼ばれるようになりました。
高校を卒業したあとのさかなクンは、日本動物植物専門学院のアニマルケアー科に入学します。
卒業後はというと、魚関係のアルバイトをたくさん経験したようです。
そんなときに寿司屋でアルバイトをしていたさかなクンは、魚のイラストを描くことがあったそうです。
その魚のイラストがとても好評だったらしく、魚の絵のイラストレーターの道へ進んでいきました。
さらにその後はタレントとしても活躍の幅を広げ、テレビにも出演するようになったのです。
そんな中、2006年には東京海洋大学の客員准教授に就き、多くの研究に携わるようになりました。
そして、2015年になると東京海洋大学から名誉博士としての称号を与えられています。
さらに現在は館山を拠点にして、東京海洋大学に勤務しています。

異例!国会でのさかなクンの帽子着用はなぜ認められた?どんなことを話す?
国会では本来、議場で防止の着用は認められていません。
しかし、さかなクンは登壇したときには認められたのです。
理由としては、品位や礼節に欠いた服装に当たらないからということです。
そしてハコフグの帽子の着用は、さかなクン本人の意向だったらしく、通常の服装で出席したいということだったのです。
さらにその意向を聞いた議員たちは、全員がさかなクンが帽子を被ることに賛成したというのです。
そのため、認められたのです。
そして気になるのがさかなクンが話す内容です。
さかなクンが国会に出席するのは、参議院の国際経済と外交の調査会で意見陳述をするためです。
そこでさかなクンはどんなことを話すのかというと、水産分野の管理と保護についてというテーマについて意見を述べることになってます。

さかなクンの帽子は1つじゃない?何種類あるの?使い分けはどうしてる?
さかなクンの帽子は、帽子は1つではないんです。
実は5種類あります。
まず普段使いの夏用の帽子と、冬用の帽子があります。
ハコフグの帽子で、違いとしては夏用はメッシュになってます。
また、水に潜るときのための水中用の帽子もあります。
スキューバなどで海に潜るときに使われる帽子です。
さらに、教壇に上がるとき用の教壇用があります。
教壇用は、てっぺんが四角く大学の校章がついていて、ふさ飾りもついています。
そしてクロマキー用もありテレビの合成で使われ、ハコフグの青色のてっぺんの部分かま黒くなっています。
また、葬儀のときにも被るようです。
また、サックスを演奏するときの黒のみのハコフグの帽子もあります。
これは、ブラックさかなクンなのですが、彼がサックスを吹いてCMに出演したときに着用していました。
CMでは東京スカパラダイスオーケストラと共演し、黒一色の帽子を被っていました。

さかなクンってやっぱりすごい!?さなかクンの功績は?
さかなクンの功績は、中学生のときには新聞に取り上げられたこともあります。
それは、三年生のときに学校で飼育していたカブトガニの人工ふ化に成功したのです。
人工ふ化は民間では初の快挙だったそうです。
さらに2010年に山梨県の西湖で、絶滅危惧種のクニマスの発見に貢献したことです。
これは、京都大学の名誉教授の中坊徹次教授とともに発見しました。
さらに、現在の今上天皇がこの功績について名指しで述べているほとです。
そして2012年には、海に関する研究などに貢献した海洋立国推進功労者として、内閣総理大臣賞を受賞しています。
さらに2014年の2月には、第1回食育文化功労賞を受賞しています。
2014年6月には、第15回ベストスイマー2014を受賞しています。
また、2013年に兵庫県明石市の明石たこ大使になっていたのです。
そのことから2020年の東京オリンピックの聖火ランナーとして、兵庫県の代表の一人として選ばれています。