未分類

アルツハイマーは緑茶でうがい!?改善方法の新常識が注目を集めています!




日本はこれからどんどん高齢化が進み、もうすぐ「高齢社会」が始まります。
寿命が延びることにより高齢者が多くなってくると、やはりそれに伴って増えてくるのが認知症です。
厚生労働省の推計によると2025年には認知症の人が700万人になると言われており、その中でも最も多いのがアルツハイマー型認知症です。
アルツハイマーに有効な薬がなかなか開発されない中、いかにアルツハイマーの発症を抑えるか?ということが喫緊の課題となるでしょう。
ところが近年、「緑茶によるうがい」がアルツハイマーの予防に効果的であるという研究結果が報告され注目を集めています。




緑茶というと日本人にはとても馴染み深い飲み物です。それが健康によいということはご存知かもしれませんが、緑茶でうがいをすることでアルツハイマー病を予防したり初期の場合には改善することができるのではないかと言われています。
なぜ緑茶がアルツハイマー病に効果的なのでしょうか。それは、緑茶が含むカテキンなどが要因ではないでしょうか。カテキンには風邪などを予防する効果があり、実は風邪の予防に緑茶でうがいをするというもよく聞かれるのではないでしょうか。カテキンは健康促進にも繋がり、アルツハイマー病にも効果があると言えます。
そして、緑茶の成分のなかでも注目すべきはポリフェノールです。ポリフェノールは血管を保護する作用があります。アルツハイマー病は血管の損傷なども発症の要因であるとされていますので、血管を保護してくれるポリフェノールが入っている緑茶はアルツハイマー病の改善に絶大なる効果が期待されます。
この緑茶でうがいをする際には、声を出しながら行うと風邪の予防にも繋がりますし、うがいによって喉を鍛えること、口腔内を刺激してあげることは脳への刺激にも繋がります。飲むだけではなく、お茶の出がらしで濃いめに作った緑茶で毎日うがいをすることを習慣にすることをおすすめします。

アルツハイマー発症原因の一つとして脳におけるアミロイドβ(ベータ)の異常凝集や蓄積が知られています。
そのアミロイドβ凝縮・蓄積を緑茶の中のカテキンが軽減するとのこと。
これによりアルツハイマーの発症が抑えられるようです。
さらに緑茶中のポリフェノールにはアルツハイマーの原因となる脳の「炎症」を抑える効果もあるということです。
まだまだ研究の途中であり、緑茶によるうがいがアルツハイマーをどれだけ抑制するかその詳細に関しては調査中です。
しかし緑茶でうがいすればアルツハイマーが予防できる可能性があるのであれば、試してみない手はありませんよね。