未分類

アルツハイマーは緑茶でうがい!?改善方法の新常識が注目を集めています!




日本はこれからどんどん高齢化が進み、もうすぐ「高齢社会」が始まります。
寿命が延びることにより高齢者が多くなってくると、やはりそれに伴って増えてくるのが認知症です。
厚生労働省の推計によると2025年には認知症の人が700万人になると言われており、その中でも最も多いのがアルツハイマー型認知症です。
アルツハイマーに有効な薬がなかなか開発されない中、いかにアルツハイマーの発症を抑えるか?ということが喫緊の課題となるでしょう。
ところが近年、「緑茶によるうがい」がアルツハイマーの予防に効果的であるという研究結果が報告され注目を集めています。




緑茶というと日本人にはとても馴染み深い飲み物です。それが健康によいということはご存知かもしれませんが、緑茶でうがいをすることでアルツハイマー病を予防したり初期の場合には改善することができるのではないかと言われています。
なぜ緑茶がアルツハイマー病に効果的なのでしょうか。それは、緑茶が含むカテキンなどが要因ではないでしょうか。カテキンには風邪などを予防する効果があり、実は風邪の予防に緑茶でうがいをするというもよく聞かれるのではないでしょうか。カテキンは健康促進にも繋がり、アルツハイマー病にも効果があると言えます。
そして、緑茶の成分のなかでも注目すべきはポリフェノールです。ポリフェノールは血管を保護する作用があります。アルツハイマー病は血管の損傷なども発症の要因であるとされていますので、血管を保護してくれるポリフェノールが入っている緑茶はアルツハイマー病の改善に絶大なる効果が期待されます。
この緑茶でうがいをする際には、声を出しながら行うと風邪の予防にも繋がりますし、うがいによって喉を鍛えること、口腔内を刺激してあげることは脳への刺激にも繋がります。飲むだけではなく、お茶の出がらしで濃いめに作った緑茶で毎日うがいをすることを習慣にすることをおすすめします。

アルツハイマー発症原因の一つとして脳におけるアミロイドβ(ベータ)の異常凝集や蓄積が知られています。
そのアミロイドβ凝縮・蓄積を緑茶の中のカテキンが軽減するとのこと。
これによりアルツハイマーの発症が抑えられるようです。
さらに緑茶中のポリフェノールにはアルツハイマーの原因となる脳の「炎症」を抑える効果もあるということです。
まだまだ研究の途中であり、緑茶によるうがいがアルツハイマーをどれだけ抑制するかその詳細に関しては調査中です。
しかし緑茶でうがいすればアルツハイマーが予防できる可能性があるのであれば、試してみない手はありませんよね。

アルツハイマーが発症する原因は、脳の酸化ストレスが原因とも言われています。
緑茶には、カテキンやポリフェノールが含まれており、カテキンやポリフェノールは脳の酸化ストレスを防ぐ、抗酸化作用の役割があり、そのためアルツハイマーの予防に効果的である。
また、カテキンには殺菌作用があり、喉から入る最近やウイルスもブロックしてくれるため、緑茶でのうがいも有効である。
特に緑茶の種類の中でも、煎茶や番茶は、より上記の効果が大きい。
高齢者の場合、緑茶などの飲み物を好んでよく飲むが、知人や他人と会話しながら緑茶を飲むことによって、カテキンやポリフェノールを摂取すると、よりアルツハイマーや認知症予防に効果的である事が分かっている。
つまり、人とのコミュニケーションや会話を楽しみながら緑茶を嗜む事で脳を活性化させ、アルツハイマーの予防に繋がると共に、アルツハイマーになりにくい人は、普段から人とのコミュニケーションを図る機会が多い可能性がある。
緑茶の茶葉は、お茶を淹れて飲む事以外に、茶葉を料理に入れて使用したりそのまま食べても、カテキンやポリフェノールが摂取出来る為、抗酸化作用や殺菌作用としての役割をそのまま活かす事が可能である。

長きに渡り日本人の間で嗜好品として飲み続けられている「緑茶」。おそらく皆さんも一度は口にしたことがあることかと。「緑茶」には「カテキン」が含まれており、その効能についてピックアップしてみましたのでご覧ください。

■アルツハイマー病の予防になる
アルツハイマー病になると脳の表面に「老人斑」が現れると言われます。
順天堂大学の白澤卓二教授(アンチエイジング研究の第一人者)はマウスに「カテキン」を投与する試験を行い、「老人斑」が小さくなることを立証しました。人間での研究はこれからですが、今後に十分期待ができますね。
また、カテキンには「抗酸化作用」があると言われます。アルツハイマー病や脳血管性認知症の原因の一つに「酸化ストレス」というものがあり、「カテキン」がその酸化ストレスを軽減することで認知症を予防してくれるそうです。

■緑茶うがいについて
皆さんは「風邪やインフルエンザの予防に緑茶うがい」をする習慣があるのをご存じでしょうか。
カテキンには殺菌作用があり、緑茶うがいでウイルスや細菌の侵入を防ぐ効果があるそうです。また、風邪をひいた後も「のどの炎症を消毒する働き」が期待できるため効果があるそうです。

普段なにげに飲んでた「緑茶」にこんな効能があるなんて驚きですよね。