未分類

親指トントンが自律神経のバランスを整えてくれる!そのやり方は!?

親指トントンの動作は自律神経をうまく調整してくれる効果もあるため、「交感神経」と「副交感神経」のバランスを整えてくれるので急な体調不良とかもしっかりと抑制してくれる働きをもっています。自律神経は天秤のようなものとなっているので、それが乱れたりすると体調不良を起こしたり、他の病気にかかっている時にでるような症状とかも出たりするようになっているのでうまく調整ができていないといけないものとなっています。

ストレス、寝付きが悪い、ほてり、微熱、吐き気、腹痛などの症状も自律神経が乱れたりすると起きやすくなるため、そういった時に親指トントンの動作をすることによって抑制できるようになっています。親指トントンの動作は仕事中とかでもできるようになっていて、ストレスとかを感じたり眠気が強く出ている時とかにやったりすると自律神経を調整できるのでそういった症状がスッーと消えたりします。

ストレスも自律神経を乱すため、親指トントンの動作はやっておきたいものであり、気分転換をするためにやってみるのもいいかもしれないですし移動中の際にひっそりでやっておくのも大切となっています。親指トントンの動作をすることによって自律神経のツボとかも刺激するので相乗効果を得ることができたりします。

そもそも自律神経ってなに!?どんな役割があるの?

自律神経とはどのようなものなのか?
自律神経は内臓の働きなどを調整してくれているといわれています。

そして自律には2種類の神経がありますそれが「交感神経」と「副交感神経」です。

この2種類はどのような時に働いているのかまず「交感神経」は昼間や活動している時に活発に働いています。
「副交感神経」は夜間やリラックスしている時に活発に働いています。

この「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れてしまうと心や体に支障をきたしてしまいます。

なぜ「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れてしまうのかといいますと、
規則正しい生活をせずに昼夜逆転をしていたりストレスなどを抱えていると「交感神経」と「副交感神経」のバランスが崩れてしまい自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れる事によってうつのような心の病にかかってしまったり不眠になったりもします。
そして自律神経が乱れる事によって免疫力が落ちてしまいガンになったりする危険性もあります。

臓器にも悪影響が出たりもします。
このように自律神経が乱れてしまったらどう予防したらいいのか?
まずリラックスする事が大切ですぬるいお湯に浸かったり落ち着く音楽を聞くのもいいです。
そして肝心なのは規則正しい生活をすることです。

ちゃんとご飯を食べて充分な睡眠をとる他にも深呼吸などもすると落ち着きます。
いろいろな工夫をしながら自律神経と向き合っていきましょう!

自律神経に効果的だといわれているのが親指トントンです。
親指トントンは仰向けに寝転がったり座った状態で、かかとをつけて両足の親指をぶつけるようにとんとん音が出るように合わせる運動方法です。

道具などもいらず、運度が苦手な人でも出来る動きである親指トントンにはさまざまな効果をもたらしくれると言われています。

体というのは全身が脳一つで繋がっていると言われています。
そのため、親指をとんとんと刺激することによって脳が刺激されるといわれています。

指にはそれぞれの役割があり、親指には大脳や脳幹などの重要な脳に関係している部位となっています。
この脳に深い関係性がある親指を親指トントンで刺激をすることによって末端神経をしっかりと刺激してくれますし、血行の促進にも繋がります。血行が促進されることで体全体がリラックス状態にすることができ、緊張していた脳にもリラックス効果を与えてくれます。自律神経というのは緊張感が悪影響を与えますので、脳の緊張感を開放してあげる必要性があります。親指トントンを始めてゆっくりと眠ることが出来るようになったと感じる方もいるほど、親指を刺激することが大切です。時間があるときに親指トントンをするように心がけることが大切です。