未分類

お年玉は何歳から甥っ子に渡すべき?

年末年始に差し掛かり、お年玉の準備が頭をよぎる時期になってきたのかなと思います。私にも、自信の子供を含めて甥や姪がいる一人のおじさんとなってきました。そこで、迷うのがお年玉をやり始めるタイミングです。もちろん、お年玉をやり始めたら続けなければなりません。また、私がやり始めると私の兄弟なども始めないといけないなどの理由が生じてしまいます。なので、意外と気をつかうのがお年玉になりますね。そこで、私がお年玉をやり始めた際の方法について紹介したいと思います。私は、産まれたタイミングに関係なく、0歳からお年玉をやっています。金額は1000円から始めました。12月末に産まれた赤ちゃんにもお年玉をやりました。出産祝いとお年玉という状況でしたが、あわせて贈らせていただきました。この0歳からのルールですが、私の場合は兄弟の姉と話して決めました。何歳からというかたちにすると、渡すタイミングがややこしいケースもあるので、0歳からということで良いかを確認しました。

もちろん、金額についても1000円から始めて、小学校などへ進学していくと1000円ずつ増やしていくというルールをきめました。これにより、分かりやすく管理することができるようになり非常に毎年考える必要がなくなり助かります。私の友人や親戚なども、基本的には0歳からあげるようにしているという話を聞いています。広く一般的には、0歳からということで挙げているひとが多いのかもしれません。ただし、これはあくまで自信のやり方と私の周りの考えにもなりますので、甥となると自信の兄弟と話してみるのが良いかもしれません。それが厳しい際は、0歳から挙げるのが分かりやすくて一番良いと思います。ただ、金額についても出来れば合わせていたほうが良いですので、年末に差し掛かる前のタイミングにて聞いてみるのがいいですね。何気ないタイミングの時に聞いておくと、意外とそういうのは双方の認識として覚えているものですので、早めのタイミングで先の話をしてみるのもいいのかもしれません。結局は、頂いたお年玉をどうするかは大人の判断になりますから、気持ちとして渡すだけの問題です。自信の気持ちがしっくりくる方法にてやられることをおすすめします。ルールはありませんので、甥や姪の成長を願って、年一回の気持ちを伝える気持ちで渡してくれたら良いのかなと思いますので、ご参考まてにされてください。