未分類

大迫傑選手は東京五輪マラソン代表最有力候補!

東京五輪マラソン代表最有力候補の大迫傑選手

3月1日に行われた東京マラソンで見事日本新記録を樹立した大迫傑選手!
東京五輪マラソン代表に大きく前進しました。

大迫傑選手の強さの秘訣には、嫁とお子さんの存在もあったようです。

世界でも認められた日本屈指のランナーの大迫傑選手のシューズや年収も気になります。

今回は、マラソン日本記録保持者の大迫傑選手の家族や年収、シューズ、マラソンにかける思いについて調べてみました。

大迫傑選手のプロフィール

名前:大迫傑(おおさこすぐる)
生年月日:1991年5月23日
年齢:28歳
出身:東京都町田市
出身高校:長野県佐久長聖高校
出身大学:早稲田大学
身長:170cm
体重:53kg
血液型:A型
所属:NIKE
実績:3000m、5000m、マラソン日本記録保持者

大迫傑選手の嫁は元アイドル?子供はいるの?

大迫傑選手は現在、アメリカのオレゴン州というところでお嫁さんと、お子さん2人と暮らしています。
大迫傑選手のお嫁さんは元SKE48の橋本あゆみさんです。

名前:大迫あゆみ(旧姓:橋本)
生年月日:1989年2月5日
年齢:31歳
出身:福井県
出身大学:中京大学
身長:160cm
血液型:A型

橋本あゆみさんは20歳のときの2009年3月にSKE48の研究生としてアイドルデビューします。

このときのオーディションの参加は3248名で合格者は24名と、なんと135倍の確率を勝ち抜いた逸材だったそうです。

しかし、2009年11月でSKE48の活動自体が終了してしまい、約8か月のアイドル期間を終了します。

大学卒業後asicsに就職し、営業を担当していたようです。

結婚後は「アスリートフードマイスター」というアスリート嫁には必須と呼ばれ資格を取得し、さらに「アクティブスリープ指導士」という資格も取得したようです。

大迫傑選手を嫁として支えたいと思い、資格を取得して、栄養と睡眠の面からサポートしています。

大迫傑選手と結婚後は2人の子宝に恵まれています。

長女:優ちゃん 2012年10月6日生まれ(7歳)
次女:鈴ちゃん 2018年4月28日生まれ(1歳)

優ちゃんのお名前は”優勝”という字から名付けられ、鈴ちゃんのお名前は”金”という漢字をいれた名前ということで名付けられたようです。

大迫傑選手の1番になりたい!という強い気持ちはお子さんの名前にも表れていますね。
大迫傑選手のお子さんも、将来世界で活躍する選手になっているかもしれません!

大迫傑選手の両親、兄弟は?陸上一家なの?
また、大迫傑選手の父親は大迫猛さん、母親は大迫直恵さんです。
父親の猛さんは、有限会社キュートというソフト会社を経営し社長を務めています。

ご両親ともに趣味でマラソンをされており、市民マラソンなどにも出場しているそうで、走る事が好きなのは両親がきっかけだったのでしょう!

兄弟は、兄と5歳の年下の弟がおり、3兄弟の次男です。

5歳年下の弟のお名前は大迫隼也(じゅんや)さん。
長距離選手だそうで、高校は大迫傑選手と同じ佐久長聖高校、大学は桜美林大学で陸上競技を行っていたそうです。
きっと、お兄さんである大迫傑さんがかっこよく背中を追いかけたのでしょう。

大迫隼也さんはtwitterをされており、大迫傑さんの娘がよく登場しています。
きっと姪っ子が可愛いくて仕方無いのだとおもいます。
また、大迫傑さんと一緒にごはんを食べたこともツイートされており、仲の良さもうかがえます。
大迫傑さんのお兄さんについては、残念ながら情報は見つかりませんでした。

お兄さんの情報は見つからなかったものの、ご両親と弟が走る事が好きということで大迫一家マラソン一家のようです。

大迫傑選手の使用しているシューズはなに?いま話題の厚底シューズ?

大迫傑選手が3月1日の東京マラソンで使用した靴はナイキの最新モデルの「エアズームアルファフライネクスト%」です。
大迫傑選手はナイキに所属するため、早くからこの最新シューズで練習を積んでいたようです。

今年正月の箱根駅伝で”区間新記録が相次ぎ厚底シューズ”が話題となりました。
なんと出場210名中177名と84.3%がナイキの厚底シューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」を使用していたのです。

その後、世界陸連が厚底シューズを調査し、新たな基準を発表。

基準に基づいて作られた最新モデルが、大迫傑選手の履いていた「エアズームアルファフライネクスト%」です。

気になる靴の厚さは3.95cm!
「ズームXヴェイパーフライネクスト%」より0.25cmも厚さが増えました。

また新たに前足部には「Zoom Airポッド」を設置し、蹴りだすときのクッション性を高めたそうです。

また、今回の東京マラソンの1位~17位までの選手はナイキの厚底シューズを使用していたようで、まだまだ厚底シューズブームは続きそうです!

所属するナイキのシューズの新しい技術をいち早く使うことができるのは大迫傑選手の強みだとは感じるが、なにより一番は大迫傑選手自身の努力だと思います。

シューズの進化と大迫傑選手の努力の相乗効果で、日本新記録を樹立したのでしょう!

大迫傑選手の年収は?

大迫傑選手の年収は、5000万円以上ある可能性があります!!

大迫傑選手は、日本では数少ないプロランナーとしてナイキ・オレゴン・プロジェクトに所属しています。

ナイキ・オレゴンプロジェクトに所属する選手の基本給は日本円で約300万円だそうです。

また、大迫傑選手はスポンサー契約しています。
•ナイキ
•マニュライフ生命
•明治
•ソニー
•デルタ航空

5社と契約を結んでおり、日本新記録を樹立したことで、大迫傑選手の露出はさらに増え、500万~1000万円のスポンサー料を支払われているのではないかと考えます。

また、トップ選手であると、レースに出場するだけで出場料が支払われるそうです。
大会によって金額は違いますが100万円~300万円といわれています。
さらに、レースで上位に入賞すると、賞金をもらうことができます!
このことから、年収は5000万円を超えているのではと思います!!

ちなみに、大迫傑選手が今回東京マラソンでもらえる賞金は
•1億円(日本実業団陸上競技連合からの日本新記録ボーナス)
•100万円(東京マラソン4位の賞金)
•500万円(東京マラソンからの日本新記録ボーナス

合計1億600万円を獲得しました。

年収の5000万円とボーナスの1億600万円を加えると、今年の年収は1億5600万円!
金額だけみると、宝くじ1等!なんて思ってしまいますが、その分毎日のトレーニングや記録を残さなければならないというプレッシャーも高いと思います。

大迫傑選手の東京マラソンへかける思いとは?
東京マラソンで雄叫びをあげてゴールする大迫傑選手。
そしてマラソン後のインタビューで「3番になったときから1人苦しい戦いだった」と涙ぐむ姿がありました。
いつもクールで淡々としている大迫傑選手が見せた姿には、しびれました。
MGC以降約半年間、大迫傑選手には大きなプレッシャーがかかり、メンタルを追いこんでいたのだなと感じました。

日本記録保持者であり、2019年9月のMGCでは大本命ともいわれるも3位。
五輪の切符まであと5秒足りませんでした。
大迫傑選手本人も「きっと勝てる」そう思っていたと思います。

しかし、「新しい挑戦の裏には、常に負けがあった」と本人は負けをプラスに語り、高いモチベーションに変えて練習に励んだそうです。

東京マラソン前には、初めて標高2400mと標高の高いケニアで質の高2カ月半の合宿を行い、「一人で走る、一人で耐える」ということを学んだそうです。

東京マラソンでは、23kmすぎに集団のペースが上がり、集団から離れてしまいます。
そこでケニアでの「一人で走る、一人で耐える」の学びを思い出し、あえて集団から遅れます。そして、リラックスして自分のペースを取り戻し32kmすぎで逆転、日本新記録につながりました。

大迫傑選手はMGC3位で、東京マラソンに参加せず東京五輪マラソン代表内定を待つという選択肢もある中、東京マラソン出場を自ら選びました。

東京五輪マラソンの代表を“守る”という立場ではなく“勝ち取る”ために東京マラソン出場を選び、大迫傑選手自らハードな練習に打ち込んだようです。

東京マラソンで大迫傑選手は、新しい自分を見つけたと思います。
この東京マラソンで、東京五輪代表内定に大きく前進しました。東京五輪での大迫傑選手のさらなる進化を遂げた走りを期待しています!

まとめ
大迫傑選手の嫁は元SKE48の橋本あゆみさん。2人の間には2人の女の子のお子さんがいます。
大迫傑選手は3兄弟の次男で、5歳年下の弟も長距離選手です、また、ご両親も趣味でマラソンをされており、マラソン一家です。
大迫傑選手が東京マラソンで履いた靴は「エアズームアルファフライネクスト%」というNIKEの最新シューズです。
大迫傑選手の年収は5000万円以上の可能性あり!
大迫傑選手は東京マラソンで1億600万円を獲得しました。
大迫傑選手はMGCで3位になった“負け”の経験をモチベーションに変えて、東京マラソンで“勝ち取る”ために、厳しいトレーニングに打ち込んだ。