ニュース

男体山で遭難の男性は誰で勤務先はどこ?所属団体は?川崎市団体職員

男体山で遭難の男性は誰で勤務先はどこ?所属団体は?川崎市団体職員

栃木県日光市の男体山(なんたいさん)で男性が遭難し、
栃木県の防災ヘリに救助される事件が発生しました。

この男性は25歳で川崎市川崎区の団体職員ということです。

さらに2020年5月3日現在、新型コロナウイルスの緊急事態宣言を受け、男体山は入山禁止だったこともありかなりの批判が起きています。
(本来であれな2020年4月25日に開山予定でしたが、、)

男体山で遭難の男性は誰なのでしょうか?
男体山で遭難の男性の勤務先はどこなのでしょうか?

また川崎市川崎区の団体職員ということですが所属団体はどこなのでしょうか?

気になったので調べてみました。

男体山で川崎市団体職員の男性(25歳)が遭難する事件が発生!

2020年5月2日の14時30分頃、栃木県日光市にある男体山(標高2486m)で
川崎市川崎区の団体職員の男性(25歳)が遭難する事故が発生しました!

報道によると、

栃木県日光市の男体山(なんたいさん)(標高2486メートル)で2日午後2時半ごろ、単独で登山していた川崎市川崎区の団体職員の男性(25)が遭難し、知人を通して日光消防署に救助を要請した。栃木県防災ヘリが出動し、約1時間半後に救出された。男性は足に軽い凍傷を負ったという。

男体山は奥日光の中禅寺湖沿いにあり、百名山の一つ。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、先月25日に予定されていた開山が延期され、立ち入り禁止になっていた。

 県警日光署によると、男性は電車とバスを乗り継いで現地に入り、2日午前7時ごろ、日光二荒山神社にある閉門された登山口の脇から登山道に入り、頂上まで登った。下山途中に道に迷い、知人女性を通じて救助を求めた。足を滑らせて靴が脱げ、靴がないまま1時間ほど残雪の中をさまよい歩いたため、両足に軽い凍傷を負ったという。

 救助活動は標高2200メートル付近の上空でヘリコプターがホバリング(空中停止)し、遭難した男性をつり上げて機内に収容したという。男性は反省の言葉を述べているという。


引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000009-asahi-soci

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言により
2020年4月25日に予定されていた男体山の開山は延期されており立ち入り禁止の状態でしたが、、

日光二荒山神社にある閉門された登山口の脇から登山道に入り、頂上まで登ったとのこと
しかし、下山途中に道に迷ってしまい、知人女性を通じて救助を求めました。

男性は靴が脱げた状態で1時間ほど歩いたため軽い凍傷を負っていたようですが命は無事でした。

命が助かったのは幸いですが、、
緊急事態宣言で自粛が求められる中、
しかも、入山禁止にもかかわらず、男体山に登ってしまうとは
あまりに軽率で身勝手行動ですね、、

遭難せずに下山していたら何食わぬ顔をしていたということでしょうか。。

やはり非難されるのは火を見るより明らかですね。。

男体山で遭難の男性は誰で勤務先はどこ?

男体山で遭難した男性は川崎市川崎区の団体職員なのですが勤務先はどこなのでしょうか?

今のところ、ネットのニュースや報道では、男体山で遭難した男性の勤務先は明らかになっていません。

↑の方のツイートのように、GW明けに出勤できず、職場にバレてしまうということもあり得るかもしれませんね。

男体山で遭難した男性の勤務先が公表されることがあれば追記していきます。

男体山で遭難の男性は川崎市川崎区の団体職員。所属団体はどこ?

男体山で遭難の男性は川崎市川崎区の団体職員とのことですが、
所属団体はどこなのでしょうか?

勤務先と同様、ネットのニュースや報道では男性の所属団体は明らかになっていません。

そもそも団体職員ってなんなの?

男体山で遭難の男性は誰で勤務先はどこ?所属団体は?川崎市団体職員まとめ