未分類

高野豆腐は血糖値を下げる!?血糖値スパイクを抑えるのにも効果的!?

高野豆腐は血糖値を抑える働きがあり、別の言い方として血糖値スパイクを下げる食品と言われています。

高野豆腐とは普通の柔らかい豆腐とは少し違い、冷凍したり乾燥させて出来た豆腐のことを言います。
普通の豆腐も確かに体にいいと言われていますが、高野豆腐は普通の豆腐以上に体にいいと言われています。

その1つには血糖値を下げる、他にも糖質を抑える働きがあります。たんぱく質を摂取する場合魚や肉よりもカロリーを制限しながら栄養を摂ることが出来ます。
体を作る働きはあるけれどカロリーを制限しながら摂取出来る食品をカロリープロテインと呼ばれており、高野豆腐もその1つに入ります。

高野豆腐は沢山食べればいいというわけではなく、きちんとした食べ方があります。
いくら血圧にいいからと言っても食べすぎると逆に血圧が下がりすぎてしまったり、高野豆腐には若干他の豆腐よりはカロリーがあるため、絶対に太らないとは言い切れません。

普通の食事と同じように食べた分太りますが、他の食品よりは太り方が遅いという観点で注目されています。
効率的な食べ方は1日1枚をおすすめし、食前に食べるのがいいです。食前に食べる方が糖の吸収を抑えながら食べることが出来ます。

週にどのくらい食べればいいかというと、毎日摂取した方がいいです。
特に血圧が高い人は1日だけでは血圧が下がらず、常に血圧を安定させることが必要です。

血管を若くさせて健康な状態を作り出すには時間がかかります。
正常な人は1日食べるだけでも血圧は少し下がります。

高野豆腐の食べ方としてはサラダにこだわらず肉と一緒に食べたりしても問題ありません。
カロリーの高いものと一緒に食べると血糖は高野豆腐の成分により上昇しにくくなります。
ただひたすら食べすぎるのもよくなく、お腹が膨れてきます。
摂取する量は程よい目安にし、高野豆腐の1日1枚よりもあまり食べすぎることのないようにすることが大切です。

ちなみにカロリーに関してですが、他の豆腐は70カロリーが平均的なのに対し、高野豆腐は1枚110カロリー程度はあります。
肉も高野豆腐も本来カロリーが高いことを忘れないようにしなければいけません。

今回高野豆腐を説明した理由は、高野豆腐には血糖値を下げる効果があり、さらに肉と一緒に食べながら血糖値を安定させる他にはないメリットがあるため紹介しました。
ただむやみに食事を減らして痩せるのではなく食べながら痩せる方法もあると言うことを理解して高野豆腐を試してみてはいかがでしょうか!?

私は、高野豆腐の唐揚げをオススメします。まず、高野豆腐をもどしてから、しっかりと水を切ります。市販の唐揚げ粉でも簡単で美味しく仕上がりますが、私は、醤油、塩胡椒、ニンニクすりおろし、しょうがすりおろしを混ぜて、ジップロックの中で高野豆腐に下味をつけます。30分ほど冷蔵庫でねかせたら、片栗粉と小麦粉を1対1でジップロックに入れて、空気を入れて良く振ります。高野豆腐に満遍なく粉が付いたら、フライパンにサラダ油を1cmほど入れて、中火でこんがりきつね色になるまで揚げ焼きして、油をしっかり切ったら完成です。私が、ダイエットをしていた時に、タンパク質をしっかり摂取したかったことと、たまには揚げ物をガッツリ食べて満足したいと思ったことから考えました。しっかり味が付いているので、満足できますし、鶏肉の様な食感なので、ダイエットのストレスが減ります。また、油をたくさん使わずに、最小限でじっくり揚げ焼きすることで、カロリーはもちろん、節約にもなりますし、片付けも楽です。高野豆腐は、優秀な食材で、高タンパク質、低カロリーなので、食事に頻繁に摂り入れることで、健康にも繋がると思います。アレンジすれば、まだまだ楽しめる食材です。

【高野豆腐丼】
簡単で美味しい高野豆腐を卵でとじてご飯にのせたボリュームあるのにヘルシーでリーズナブルな料理でたびたび食卓に登場します。
二人分の材料ですが、卵二個、高野豆腐3枚、玉ねぎまたは長ネギ1/4、水400ml、白だし大さじ2、醤油大さじ1、そして白米や玄米などです。
下準備としては卵は室温に、高野豆腐も水に浸して戻しておきます。
戻した高野豆腐はサイコロ状の一口大にカットをしておきます。フライパンに薄くサラダ油をしき、玉ねぎを炒めます。クタットしたらそこに水入れて沸騰させたら、白だし、醤油を入れてカットをした高野豆腐入れます。3分ほどグツグツと煮込んだら、溶いた卵を1/4ほど残してフライパンに回し入れて蓋をして1分から2分ほど煮込み、残していた卵を回し入れて火を止めて蓋をします。火を通している間に白米を食器に入れ、高野豆腐の卵とじをご飯にのせて出来上がりです。
親子丼の高野豆腐バージョンのようになっていますので、出汁が染み込んだ高野豆腐が卵と絡んで最高の美味しさです。始めに油で玉ねぎを炒めているのでよりお肉がないのにボリュームを感じられる味わいになっています。柔らかいので歯が悪くても安心して食べられます。

サクサク高野豆腐ラスクの作り方

おおよそ2人分のレシピです。
材料
高野豆腐2枚
牛乳(水または豆乳でもOK)200cc
砂糖大さじ3
マーガリン40g
最後にまぶす用のグラニュー糖大さじ1

鍋に牛乳と砂糖を入れ、火にかけます。
砂糖が完全に溶けきってしまうまで温めたら火を止めるます。ここで牛乳を沸騰させないようにしてください。

そこに高野豆腐と入れてふやふやになるまでしっかりと牛乳を吸わせます。裏面にもしっかり行き渡るように10分から15分ほど置きます。

潰れないように気をつけながら水分がなくなるまで絞ります。その間にマーガリンを溶かしておいてください。

絞った高野豆腐を2~5mmの厚さにスライスします。
それを溶かしたマーガリンによく絡めます。

クッキングシートを引いた天板に並べて、グラニュー糖をまぶします。ここでお好みでシナモンを振っても美味しいですよ。

余熱(160度)しておいたオーブンで20分から25分ほど焼くと完成です。
焼きたてはまだ柔らかいですが、冷めるとサクッとします。

ポイント
牛乳をしっかり絞っておかないとサクサクの食感になりません。
甘めのレシピにしているので控えめがお好みの方は少し減らしてください。

ヘルシーなので糖質制限やダイエット中のかたにもオススメです。