未分類

高血圧改善におススメなDASH食ってなに!?




高血圧の人は、塩分が少ない食事を毎日心がけることが大切です。
しかし、ごはんとお味噌汁と焼き魚のように和食が多い食事では難しいですよね。
そんな方におすすめなのが、高血圧 DASH食です。
高血圧 DASH食は、カリウムやカルシウム・マグネシウムのミネラル成分や食物繊維がたっぷりの食材を積極的にとることです。
これらのミネラル成分は塩分を排出してくれる働きがあるので、血圧の上昇を抑えてくれます。
ミネラルが多い緑の野菜は、小松菜やホウレンソウ、ブロッコリーです。
栄養分を逃さないように、お味噌汁に入れたり蒸して食べることが大切です。
果物でおすすめなのが、キウイフルーツ・リンゴ、梨・かきになります。
果物は糖分も入っているので、食べすぎには注意しましょう。
おやつで食べてもらいたいのは、素焼きのナッツでマグネシウムがたっぷりと入っています。
乳製品でおすすめなのがヨーグルトで、腸の働きをよくしてくれる働きもあります。
朝食のヨーグルトは体にいいですが、一緒に海藻類を食べると善玉菌が増えていきます。
さらに、きのこ類を食べると血糖値の上昇が穏やかになります。
ダイエットのためにタンパク質を減らしている人がいますが、脂肪を燃やすためにはタンパク質も必要です。




皆さんは「DASH食」をご存じでしょうか。DASH食は「Dietary Approaches to Stop Hypertension」の略語で、米国立保健研究所などが提唱している「高血圧患者のための食事療法」のことです。今回はこのDASH食と高血圧についてまとめました。

はじめに、DASH食の基本は以下の2つになります。
1.野菜、果物、低脂肪の乳製品を充分摂る。
2.肉類および砂糖を減らす。
具体的には以下のように必要な物を摂取するよう心がけます。

まず野菜は「緑黄色野菜」、「淡色野菜」が必要で毎食摂取するように心がけましょう。次に果物ですが「バナナ、プルーン、リンゴ」が良いでしょう。乳製品は「低脂肪の牛乳・ヨーグルト・チーズ等」の他に豆類を意識して摂取しましょう。パンを食べる場合は「全粒粉」を使用した物にしてください。

肉類は「皮や脂を取り除いて」調理し、網焼きや茹でて食します(揚げ物は厳禁です)。
牛肉や豚肉(の脂身)や甘いお菓子、砂糖や砂糖を多く含むドリンク類は極力口にしないようにしましょう。

血圧を下げる作用のある食品は「単独で食べるより組み合わせて接種するほうが効果が大きい」といわれており、高血圧の人ははDASH食を実践することで症状の軽減を期待できるとのことです。