芸能

川津明日香(仮面ライダーセイバー(須藤芽依))の経歴やプロフィール!出演ドラマ、舞台、CMは?

②川津明日香(仮面ライダーセイバー(須藤芽依))の経歴やプロフィール!出演ドラマ、舞台、CMは?

仮面ライダーセイバーにて、ヒロイン役を務めることになったグラビア界の新星「川津明日香」さん。

今回は、川津明日香さんの「経歴やプロフィール」を。

また、「ドラマや舞台、CM」などといったこれまでの出演作品などについてご紹介します。

9頭身ボディと魅惑のルックスでグラビア界を大躍進中の川津明日香さん。

そんな彼女は、これまでどのような人生を歩んできたのでしょうか。

仮面ライダーセイバーの情報と共にお届けします。

■プロフィールは?

名 前:川津 明日香(かわづ あすか)

生年月日:2000年2月12日
出身地:東京都
血液型:A型

身 長:163cm
スリーサイズ:72/55/77cm
靴のサイズ:24cm

活動開始:2014年~
所属事務所:エイジアプロモーション

趣 味:ファッション・ネイル・ウィンドーショッピング、音楽鑑賞、犬と遊ぶこと
特 技:クラシックバレエ(10年)、習字(初段)

■主な経歴は?(出演ドラマ、舞台、CM)
川津明日香さんは、中学2年生のときに東京・原宿にてスカウトされたことをきっかけに芸能界デビューとなりました(合計8社が列を作ってスカウトしたという)。
そして、2014年に「ミスセブンティーン2014」にてグランプリを獲得。
同年10月号より同誌の専属モデルになりました。

その後の活動はこのようになっています。

2016年:映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」で女優デビュー
同 年:「砂の塔~知りすぎた隣人(TBS)」にて連続ドラマ初出演
2018年:3月31日発売の「Seventeen」5月号にて同誌専属モデル卒業
同年5月:「ミスマガジン2018」ベスト16に選抜
2019年8月:エイジアプロモーションへ移籍報告
2020年:1月4日発売「週刊プレイボーイ」3&4号にてグラビアデビュー
同 年:3月30日発売「週刊プレイボーイ」15号にて初表紙
2020年:ファッション誌「ar」「JJ」デビュー
同 年:「仮面ライダーセイバー」須藤 芽依(すどう めい)役(テレビ朝日)

現在は、グラビア・タレント・女優業ほか、ファッションブランド「glitter」のディレクターも務めるなど活動は多岐にわたります。

以下、川津明日香さんのこれまでの出演作品です。

<テレビドラマ>
2015年:「黒崎くんの言いなりになんてならない」来栖隆子 役(日本テレビ)
2016年:「砂の塔~知りすぎた隣人」橋口成美 役(TBS)
2017年:「兄に愛されすぎて困ってます」桐野愛華 役(TBS) 
2018年:「咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A」巽由華 役(MBS/TBS)
2019年:「3年A組-今から皆さんは、人質です- 最終話」影山澪奈(フェイク動画)役(日本テレビ)
2020年:「私の家政婦ナギサさん 第2話」日比野亜希 役(TBS)
同 年:「仮面ライダーセイバー」ヒロイン・須藤芽依 役(テレビ朝日)

<その他テレビ>
2016年~2019年:「めざましテレビイマドキ」フジテレビ

<ウェブテレビ>
「恋愛ドラマな恋がしたい シーズン3」あすか 役(AbemaTV)

<映 画>
2016年:「黒崎くんの言いなりになんてならない」来栖隆子 役
2017年:「兄に愛されすぎて困ってます」桐野愛華 役

<PV>
VIXX「花風」

<CM・キャラクター>
・第33期「編集・ライター養成講座」(宣伝会議)
・ゆうちょ銀行「新生活応援キャンペーン」
・「首都医校・大阪医専・名古屋医専 コンセプトムービー」2020年5月~(学校法人日本教育財団)

■仮面ライダーセイバー:役柄と記者発表の様子
令和第2作目となる仮面ライダーシリーズ・仮面ライダーセイバーにてヒロイン役を務める川津明日香さん。

その役どころと、記者発表時の様子をご紹介します。

<川津明日香:役柄>
役:須藤 芽依(すどう めい)
主人公・小説家の神山 飛羽真(かみやま とうま)を担当する新人編集者。
ギャルがそのまま大人になったような雰囲気を持っている。
興味があることは、SNSと楽しいコト。
好奇心と行動力に関しては誰にも負けない!

<記者発表の様子>
仮面ライダーシリーズ最新作・仮面ライダーセイバーの発表会見は、7月29日にオンラインで行われました(YouTubeチャンネルにて生配信)。

会見には、川津明日香さんほか、「東京スカパラダイスオーケストラ・岡宏明・内藤秀一郎・富樫彗士・山口貴也・青木瞭・知念里奈」さんらといったメンバーが出席されたとのこと。

このとき川津明日香さんは、自分の役を説明後に司会者から「自分と役との共通点」を聞かれたそうです。

その際、「割と直感で行動するところがあったりとか、かなり前向きな性格が似ているかな」と回答。

また、普段から「リアクションが大きい」と言われることもある川津明日香さんは、「そんなところも素でできるんじゃないかな」とにっこり答えていたといいます。

役作りに関しては、スタッフから「フワちゃんみたいな感じ」と役のイメージを伝えられたそう。

そのため、

「ユーチューブでフワちゃんのチャンネルをたくさん見たりとか。毎日、テレビに出てらっしゃるので欠かさず拝見させてもらったり」

↑こんな感じて役作りをしていると明かしていました。

実は、仮面ライダーセイバーで主役を務める内藤秀一郎さんと川津明日香さんは同じ事務所なんだそうです。

同じ事務所の仲間同士が主人公&ヒロインとは。

さぞや、2人で喜び合ったのでは?なんてイメージしてしまいますが、川津明日香さんいわく「内藤くんの存在を忘れるぐらい「よっしゃ~」となった」のだそうです。

そんな川津明日香さんにとって、仮面ライダーセイバーのオーディションは「自身が20歳になって1発目のオーディション」だったよう。

そのため、それなりの覚悟を持ってオーディションに臨んだということです。

オーディションに合格してさぞや嬉しかったと思われますが、合格についてはかん口令が敷かれていたため、しばらくは誰にも(家族にも)口外できなかったのだそうです。

家族に向けては「びっくりしているんじゃないかな」といいながら、今、その場(生配信中のユーチューブチャンネルから)で報告する形となったといいます。

■仮面ライダーセイバーについて
今回の仮面ライダー・仮面ライダーセイバーは、「剣を操る救世主」をコンセプトに展開されます。

はるか遠い昔に起きた「ある争い」をきっかけに、現代で起きた謎の現象「街・建物・人の消失」。

その消失した「街・建物・人」の行先は、見たこともない不思議な世界でした。

「いったい何が起きたのか。」
「そして、帰る方法はあるのか。」

そんな混乱の中、「剣と剣を操る救世主」が現れます。

はたして、不思議な世界に迷い込んだ「街・建物・人」は、元の世界に戻ることができるのでしょうか!

仮面ライダーセイバーの放送は、2020年9月6日(日)より毎週日曜9:00~9:30(テレビ朝日系)

ご期待ください!

■まとめ
今回は、川津明日香さんの「経歴やプロフィール」や「ドラマや舞台、CM」などといったこれまでの出演作品などについてご紹介しました。

経歴は、原宿でスカウトされたというエピソードから現在までを。

プロフィールについては、出身地や生年月日ほか、趣味や特技など詳細にいたるまでご紹介しました。

ドラマや舞台・CMといったこれまでの出演作品については、デビュー作から今作となる仮面ライダーセイバーまでをご紹介しています。