未分類

仮面女子・猪狩ともかさん、2020年9月でグループ卒業を発表!理由は?

●仮面女子・猪狩ともかさん、2020年9月でグループ卒業!卒業の理由は?やりたいことができた!?

ご本人のブログによると、卒業を決めた一番の理由は、グループに頼ることなく個人で頑張っていきたいと思ったからだそうです。
猪狩さんは同ブログで、今まで仮面女子に何度も何度も助けられてきたと語り、大怪我の後も応援してくれたファン、居場所となってくれた仮面女子のメンバーやスタッフへの感謝を述べています。

そして不幸な事故によって多くのものを失ってしまいましたが、同時に“車椅子で活動するアイドル”として注目されることで個人で活動していく新しい道も開け、だからこそ自分にしかできないことをやっていきたいと、自分の可能性を信じてみたいとポジティブに語られています。

●仮面女子・猪狩ともかさんのプロフィールは?

1991年12月9日生まれ。出身は埼玉県。身長154cm。スリーサイズB:80(Cカップ) W:59 H:88
仮面女子およびスチームガールズのメンバー。メンバーカラーは黄色。

趣味
・野球観戦(埼玉西武ライオンズ・高校野球)
・ドラマ、映画鑑賞(ラブコメ・SF・サスペンス)
特技
・雰囲気モノマネ(声)
・口に拳が入る

管理栄養士資格取得済み。

2014年5月から現在も所属するアリスプロジェクトに所属し、その中でグループの卒業、上位グループへの昇格を繰り返しながら、2017年2月26日に仮面女子に加入しました。
これはステージデビューの日から四回目の組閣、実に1000日以上の時間が経っており、仮面女子の中ではかなり長い下積み期間になりました。

そして2018年1月20日には前リーダーの神谷えりなさんからリーダーを引き継いで仮面女子の三代目リーダーに就任。2019年9月15日まで担当しました。

●仮面女子・猪狩ともかさんが車いすになったのはなぜ?

2018年4月11日、整体とダンスレッスンを受けるために秋葉原の「仮面女子カフェ」へ向う途中、東京都文京区の湯島聖堂敷地近くにおいて、強風によって倒れてきた案内板の下敷きになり、瞼裂傷・頭部挫創・骨折(脚、肋骨、胸椎、腰椎)という重傷を負いました。
案内板は敷地を飛び越えて、歩道全体に覆いかぶさるほどだったそうです。

病院に救急搬送されて緊急手術を受け、ICU(集中治療室)、HCU(高度治療室)と治療を受けてきましたが、脊髄損傷の影響によって両下肢麻痺となってしまい、自分の力では脚を動かすことさえできなくなってしまいました。
その後、毎日のリハビリを続け、徐々に自立した車いす生活を送れるようになっていきました。

●仮面女子・猪狩ともかさん、パラリンピック応援大使としての活動は?

“車椅子で活動するアイドル”としてメディアの取材を受けたり、東京都が主催する「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」のメンバーにも名を連ねています。
他にも、第32回東京国際映画祭における特別上映作品「東京パラリンピック 愛と栄光の祭典」の舞台挨拶で熱い思いを語るなど、トークイベントにも積極的に参加し、パラリンピックへの理解と普及に努めています。

また、自らも果敢にパラスポーツへ挑戦する姿が評価を受けています。

●仮面女子・猪狩ともかさん卒業後の活動は?ソロ活動!?

卒業後はステージでライブをすることはなくなりそうですが、現在のアリスプロジェクトにはそのまま所属し、グループに頼るのではなく、個人で活動していきたいと言っています。
また、卒業後ももし叶うなら、同じイベントに出たり、仮面女子の作詞をしたり、ずっと繋がっていたいとブログで述べられています。

他にはYoutubeのチャンネルを開設し、車椅子でも楽しんでいる姿をいっぱい発信していきたいとも言い、自分が街に出てバリアフリーチェックをしたり、バンジージャンプなどもやってみたいと希望を語っています。

猪狩ともかさんは半身不随を負う程の怪我を負ってしまい、それでも車椅子に乗りながらアイドル活動を続けていました。そんな猪狩さんが仮面女子を卒業することになりましたが、これから先は個人として活動していくということなのでファンの方達も今回の卒業は前向きに捉えられるのではないかと思います。猪狩さんは事故を負ったあとでも常にポジティブな面だけを見つめて、SNSにもファンの方を喜ばせるようなことばかりを書いていました。そんな彼女ですから仮面女子を卒業しても、たくさんのファンに支えられ続けるのは確実だと思っています。
あんな不幸な事故に遭わなければ全然違う未来があったのかも知れないとおもう。でも、猪狩ともかさんって前向きで明るいのが素晴らしいとおもう。車椅子生活になり、普通は立ち直るのにとっても時間がかかり復帰も難しいと思うのに、車椅子アイドルということで「パラリンピック応援大使」に任命され、全国の障害者の皆さんの力になっていると思います。今後も、ソロ活動を続けて、ファンの皆さんや障害者の方々に元気を届けて欲しいと思いました。
復帰して間もないので、正直卒業発表したことに驚きました。痛ましい事故に遭い、それでもなお懸命にリハビリを頑張り、またファンの前に立つ姿に元気と勇気を貰っていました。私はファンというわけではないですが、猪狩ともかさんにはこのまま仮面女子のメンバーとして、頑張って欲しいなと思っていたので、卒業ときいて残念です。でもやっぱり車椅子だと踊れないし、思うようにアイドル活動出来なかったりジレンマがあったんだろうなと思います。いっぱい苦労したことでしょう。ソロで頑張って下さい。
仮面女子というグループがあったのはなんとなく知ってましたが、猪狩さんの事故のニュースではっきりとグループのことを知りました。こんな若くて可愛い女の子が道路を歩いているだけで事故に遭い、運が悪く半身不随になってしまう、そんなドラマみたいなことが起きるのかと思っていました。それから時々ニュースで容体を見かけてましたが、まさかアイドルは卒業するんだろうな、可哀想だなと勝手に思ってました。そうしたらまさかの復帰!びっくりしました。どんな風に活動していくのかは全く想像がつかなかったけど、変わらず元気に活躍している姿を見て応援したくなりました。仮面女子は卒業してしまいますが、すでにオリンピック関連のお仕事をしていたりと、また新しい場所で活躍してくれそうな気がします。健常者から障害者となってしまった猪狩さんが、前と変わらず明るい笑顔で活躍してくれることを期待してます。
仮面女子の猪狩ともかさんは、看板の下敷きになってしまった事件がありました。
猪狩さんは車椅子でアイドル活動をしていたり、さまざまな芸能活動をしていました。
何があっても明るく元気で、色んな人に勇気を与えてくれる存在でした。
そんな猪狩さんが卒業してしまうことは、寂しく思います。
私は猪狩さんを知って仮面女子を知ったので、ずっと応援していました。
たくさんの人を笑顔にしてくれて、勇気を与えてくれてありがとう、と言いたいです。
彼女が怪我をするまでは失礼ながら存在も知りませんでした。
彼女自身も怪我がなければグループ卒業後に個人で活動できる人ではなかったと冷静に自分を見ています。
そういう怪我やハンディをプラスととらえる強さや前向きな姿勢が彼女の良さなんだろうなと思います。
素敵な女性だと同性から見ても思うのでぜひ卒業後も多方面で活躍してほしいです。
また、そんな彼女が活躍できる場所がたくさんある世の中であればいいのにって思います。