未分類

柿でインフルエンザ予防!?

インフルエンザにかかると、高熱にうなされてしまうことも多いため、できるだけしっかりと対策をしておきたいものです。
そのためには、柿の成分を頼ってみてください。一見するとインフルエンザ対策との関係は薄いように思えますが、実はとても助かる成分を含んでいます。

柿に含まれる柿タンニンがウイルスの活動を抑制!?

まずは、柿タンニンです。タンニンとは、苦さや渋みといった味にかかわる成分であり、ポリフェノールの一種になります。
コーヒーや緑茶といった苦みのある飲み物にも、種類の違いはありますが、基本的にポリフェノールが含まれているのです。
柿タンニンは、その中でもかなり強い効果をもったポリフェノールになります。
柿タンニンにはウイルスの活動を抑制する働きがあるので、体内に入り込んだインフルエンザウイルスが暴れないようにするなら、たっぷり摂取しておくようにしましょう。

ウイルスの活動を止めることができれば、苦しい体調不良を軽減できます。
これは、他のポリフェノールだと難しいことなので、インフルエンザ対策で摂取するなら、ぜひ柿を食べてみてください。
美味しい柿をたくさん食べれば、体の中に強力な柿タンニンが増えていき、ウイルスが活動しにくい環境を作ることができるのです。

柿に含まれる柿タンニンはポリフェノールの中でも大きいのでウイルスを捕まえやすい!?

さまざまな種類があるポリフェノールの中で柿タンニンだけ効果が高い理由は、その大きさです。
柿タンニンは、コーヒーや緑茶などのポリフェノールよりサイズが大きくなっています。
その大きさが、ウイルスを捕まえやすくしているのです。より多くのウイルスを捉えて活動を抑え込んでいけば、効果的な対策になります。
したがって、ポリフェノールによる対策を検討しているなら、柿を多めに確保しておきましょう。

また、ビタミンCとβカロテンにも要注目です。この2つの成分は、相乗効果で免疫力を高めてくれます。
その対策ができていれば、簡単にウイルスにやられる心配はありません。ビタミンCとβカロテンをどんどん増やして高い免疫力をつけ、インフルエンザを上手に予防していきましょう。

ビタミンの多い果物といえばミカンのようなイメージもありますが、柿にもたっぷり含まれているので、しっかりチェックしておきましょう。
柿のビタミンはミカンの2倍もあるため、「天然の総合ビタミン剤」と呼ばれることもあります。
そのため、果物でたくさんのビタミンを摂取するなら、柿も積極的に食べるようにしましょう。
より多く含んでいるものを優先的に食べて行けば、効率よく免疫力アップのための成分を補うことができます。