未分類

鏡餅の由来は?飾りの意味や飾り方、飾る期間はいつからいつまで!?

お正月には鏡餅を飾るご家庭は今でも多いのではないでしょうか。鏡餅は日本人にとって古くから特別な意味があったようです。
そもそもお餅がはるか昔から神妙な食べ物であることを物語っているものはいくつかあり、その記述は奈良時代にまでさかのぼります。
『豊後国風土記』によると、豊後の国(現在の大分県)の水田で稲作を行っていた人たちが、余った米で大きな餅を作り、それを的にして矢で射ると、その餅が大きな白い鳥になって飛んでいったというのです。その後、彼らの水田は荒れ果てた野になってしまったそうです。つまり、白い餅や白い鳥は神聖な霊を宿すものと考えられ、そういったものを粗末にしないようにという戒めの意味が込められています。日本では餅はただ美味しく食べるものというよりは神が宿る特別な存在として敬われた歴史があったのです。この神聖な餅を食べることで力がつくなど霊力があると信じられ、ハレの日には餅を食べる習慣が今の、鏡餅を飾ることにつながっています。
 では、なぜ鏡餅という呼び方をするようになったのでしょうか。ひとつは、丸い餅の形が銅鏡に似ているからだと言われています。鏡には神様が宿ると考えられ、古くから神社にも鏡が祀られていました。また、鏡には「鑑みる」というもう一つの意味があり、鑑みるとはつまり良い手本や規則に照らし合わせて考えるという意味があります。このことから鏡餅という言い方が定着していったようです。
さて、鏡餅の飾りについても触れてみたいと思います。地域や家によって飾り方も様々とされていますが、鏡餅の飾りにはどんな意味があるのでしょうか。
飾り方ですが、一般的には三方(さんぽう)と呼ばれるお供え用の木の器に、白い奉書紙あるいは四方紅(しほうべに)という淵が赤く彩られた和紙を敷き、その次に裏白(うらじろ)と呼ばれるシダの一種や譲り葉(ゆずりは)、丸餅をのせ、あとは昆布(こんぶ)や橙(だいだい)などを飾ることもあります。お餅は丸いものを二つ重ねるのが基本的なスタイルです。橙がなければみかんで代用しましょう。
それぞれの飾りにも意味があり、まずシダの一種である裏白ですが、表面は緑色で裏面は白いことから後ろ暗さがない、つまり清廉潔白を表しています。譲り葉は新しい葉が出た後に古い葉が落ちるので、家督を子孫に譲って家系が末永く続くことを表します。昆布はおせち料理にも使われるように、古くは昆布のことを「広布(ひろめ)と呼んだことから、喜びが広がることを意味します。橙は「代々」とも書くことから、家族繁栄が代々続くようにとの願いが込められています。地域によって飾り方も様々で、ほかにも縁起物とされる串柿や伊勢海老、黒豆などを盛るところもあります。
床の間に飾るのが一般的と思われている鏡餅ですが、近年では住宅事情の変化によって飾る場所も様々に変化してきているようです
一戸建ての場合は、やはり床の間に飾ることが一般的です。複数ある場合は小さめのものを神棚や仏壇にお供えしてもいいでしょう。
 一戸建てでも床の間や神棚がない住宅や賃貸マンションなどの場合はリビングなど、家族が集まる場所に飾るといいでしょう。年神様は鏡餅をお供えした場所に依りつくと言われるので、ほかにも台所や書斎、子ども部屋など大事な場所にお供えします。最近は小さなサイズの鏡餅もたくさん売られているので、飾り棚や小さなテーブルの上に飾るのもいいかもしれません。場所にとらわれず、新しい年を迎えるためにあらたまった気持ちになれる雰囲気を作ることに重点を置きましょう。
また、地域によっても飾り方に多少違いがあるようです。関西地方や一部地域では、丸餅3個を三段重ねにした鏡餅を台所にお供えし、火の安全と家族の健康を願います。
昔は、多くの家で餅をついていましたが、29日に餅をつくことを苦餅(くもち)といい、二重苦に通じると言われるため、この日に餅をつくことを嫌いました。また、12月31日に餅をつくのも一夜餅と言われ、一夜限りということで葬儀を連想させることから避けられました。このことから、餅を飾るのは29日と31日以外の日になりました。早めに飾るのは問題ありませんから、遅くても28日前までに飾ることをおすすめします。
年が明けた1月11日が鏡開きと言われ、お供えした鏡餅を下げて食べる日です。もともとは武家の間で行われていた習慣が、その後商人の間にも広がって一般化したと言われています。武家では、鏡餅を戦いの時に使う装身具を入れた箱の上に供えており、それを包丁刀で切るのは縁起が悪いと考えたことから、木づちで叩いて割るようになったそうです。鏡餅には年神様が宿っているとされているので、年神様と縁を切らないように「割る」と「砕く」という表現は使わないようにします。「開く」など、縁起の良い表現を使いましょう。松の内が15日までなので、地域によっては15日や20日に鏡開きをすることもあります。  お供えしたものを食べることに意味があるので、お雑煮やおしるこに入れて必ず食べることが大切です。餅が固すぎる場合は、水と一緒に電子レンジで少し加熱するといいでしょう。真空パックに入った鏡餅を利用すれば、手軽に美味しくいただくことができます。
 昔からお餅は、人々の生活と密接な関係があったようです。最近ではお正月に餅を食べることが減ってきたようですが、鏡餅の由来や歴史を振り返ってみると、身近なものに感じられるのではないでしょうか。