未分類

鏡餅の飾り方!関東と関西の違いはどこ!?

鏡餅はなぜ飾るのか?
お正月にほとんどの家庭で飾る鏡餅、そもそもどうして飾るのかその理由をご存知でしょうか?
お正月になるとそれぞれの家庭に神様がやってきて、1年分の幸福を届けてくれます。
この幸福を届けてくれる神様のことを「歳神様」呼び、鏡餅は歳神様の滞在する場所と言われています。鏡餅は神様へのお供え物であり、依り代の意味があるのです。

鏡餅の由来
神様の依り代である鏡餅ですが、なぜ鏡餅という名前がつけられたのでしょうか。鏡餅の由来、その答えは形です。
お正月に飾る鏡餅がなぜ丸い形をしていて2段になっているのか疑問に思う人は少なくないでしょう。
日本に古くから伝わる三種の神器の一つに八咫鏡という物が存在します。八咫鏡は丸い形をしており、昔の人々はその丸い形に似せてお餅を作りました。そしてそれを歳神様の依り代として飾ったことから「鏡餅」という呼び名がつけられた、という説があります。
また鏡餅が2段であることにも意味があります。重なった大小2つの丸いお餅は魂ひいては陰陽を表しており、年を円満に重ねられるようにとの意味が込められているのです。

地域による飾り方や風習の違い
日本全国で広く親しまれ、毎年元旦に飾られる鏡餅。丸い形の2段のお餅の上にみかんを載せて飾り、時期が来たらそれを食べるのが一般的です。ですが、地域によっては鏡餅にまつわる風習にちょっとした違いがあります。
地域による違い、それは鏡開きの日にちです。関東であれば1月11日が鏡開きの日となっていますが、関西や一部の地域はそうではありません。なぜ日にちにバラつきが出ているのでしょうか。
江戸時代の頃の鏡開きの日にちは今と違っており、1月20日に行われていたそうです。ですが、3代将軍の徳川家光の命日が4月20日であったためそれ以降の鏡開きは日にちをずらし1月11日に行うようになったそうです。しかしこの変更は、関東圏にはある程度広まりましたが将軍のお膝元から遠い関西圏にはあまり広まりませんでした。そのため現在でも鏡開きの日にちに関西と関東で違いが出ているのです。

また、鏡餅の飾りでも違いがあります。関東の鏡餅は大小のお餅、みかん、御幣、四方紅、裏白などを三方という土台に乗せて飾るのが一般的です。みかんの部分は橙であったりしますが、大抵はこの6点で飾ります。しかし、関西ではこのほかに串柿や昆布も一緒に飾ります。関東の人には馴染みがない物です。串柿は串に干した柿を刺したもので、柿は嘉喜に通じるので縁起が良いとされます。そして串に刺した姿を剣に見立て、三種の神器の剣を表しているとの説もあります。

お正月の飾り物として一般的な鏡餅ですが、飾り方にルールがあることをご存知でしょうか。しっかりと飾り方を把握して飾ることによって気持ちよく正月を迎えることができると言えますが、実は鏡餅の飾り方には地域によってばらつきがあると言われています。大きく分けると、関西と関東でも異なります。関西の鏡餅の飾り方を把握する為には、まず関西で鏡餅を飾るようになった由縁も理解しておくことが大切です。
そもそも正月飾り納めを規定するようになったのは明暦3年の正月に起こった振袖火事という1月18日から28日まで続いた大火事を教訓にしていると言われています。このことをきっかけに幕府から七日までに飾り納めをするようにと言われ、7日までに正月飾りを行い、11日に鏡開きをするようになりましたが、実は関東地方はこの幕府の影響をそれほど受けることがなかったため、今でも1月15日までが正月飾りを行う期間としていることが多く、1月15日まで飾るのが一般的で、1月15日になったら刃物を使わずに小分けにしていただきます。
鏡餅の飾り方ですが、まずは三方台に四方紅を乗せ、シダのはと紅白の紙を乗せます。そこに鏡餅をおいてその上にみかんなどを乗せます。近年ではすでに飾るだけに重ねてあるものも販売されている為、こちらを用いる方も多いのではないでしょうか。通常は二段重ねの鏡餅ですが、実は関西の一部の地域では三段重ねといった地方もあります。飾り物に関しては地域性よりも家庭によって異なるといわれています。
鏡餅は飾る場所というのも大切です。鏡餅は神様へのお供え物ですので、低い位置において見下ろすような感じになるのはご法度です。目線よりもやや上になる場所におくということ大切となります。方角は地域に関係なくその年の恵方と言われる方角におくのが理想的ではありますが、近年では方角に関してはあまりこだわる方もいなくなっていますので、目に入る場所に飾っても大丈夫です。飾る場所というのは関西や関東に大きな違いというのはありませんので、床など置かないように心がけると基本的には好きな場所に飾っても大丈夫です。
鏡餅の飾り方として大きな違いというのは期間であるといえます。飾り始める時期については、12月20日頃から12月28日までと地域によっての違いというのはありませんが、鏡餅をいつまで飾るのかがポイントとなっています。関西は1月15日まで飾るのが一般的です。