未分類

鏡餅はいつ飾る?正しい飾り方は!?いつまで飾る?飾る場所は?

・鏡餅の飾り方・いつ飾るの?
鏡餅は正月に飾るということ、とりあえずお餅を重ねたものを飾る、スーパーやコンビニなどに売っている鏡餅をそのまま買ってきておくという方がすくなくなりません。
しかし、厳密には地域性があったり、飾る時期もきちんと決められています。
今回、そういった疑問についてまとめ、解説していきます。

・飾り方を知る前に・そもそも鏡餅はいつ飾る
飾り方を知る前に、まずいつ飾るのかということです。
時期としては12月28日までに飾るか、遅くとも30日に飾りつけ、そして1月11日の鏡開きで、お供えしていた鏡餅をさげて様々な形で食べます。
これもあくまで基本であり、エリアによっては15日まで飾ります。
基本的には雑煮やお汁粉にして食べますが、地域によっては硬くなった鏡餅をあられにするような風習のある所もあります。
いずれにしても供えたものを食べることに意義があるので多少硬くなっていても必ず食べるようにすることです。
この鏡餅を飾る時期に関しては注意点があります。
それは飾りつけを行うのは12月29日と31日を避けることです。
29日は餅(苦持ち)、二重苦に通じるとして昔から忌み嫌われており、避けた方が望ましいですし、12月31日は一夜餅と言ってタイミングが悪いものとみなされています。
このように年が明ける前の28日ないし30日までに鏡餅を飾り付けておく必要があるのです。
そのため、鏡餅を飾りたいと思ったら年賀状の締め切り後(24日頃)すぐに準備に取り掛かるのが良いのではないでしょうか。

・いつ飾るかを知ってから鏡餅の飾り方を紹介
鏡餅を飾る時期を知ったうえで飾り方についても基本的なものを紹介していきます。
これは地域によって異なる場合があるため、完全な正解ではありませんが、基本を押さえておけばどこの地域でも通用します。
まず最も基本的なものとして、丸もちを二つ重ねます。
そして、三方(さんぽう)と呼ばれる折敷(おしき、四角いお盆のこと)に台のついたたお供え用の器に四方紅(しほうべに)という四方が紅く彩られた和紙や白い奉書紙を敷いたものを用意します。
その上に紙垂(しで)と呼ばれる赤白の紙で作った飾り、シダの葉(裏白、うらしろ、夫婦仲むつまじく白髪になるまでの長寿を願う)を置きます。
そして1段目の丸もちを乗せます。
更にその上に譲り葉という緑の葉、紙垂を乗せ、2段目の餅を乗せます。
頂上にはおなじみのミカン(橙、だいだい、代々家が続くことを表す。)を飾って基本形は完成です。
地域によってはミカンに昆布を飾ったり、干し柿を串に刺したものを乗せます。

お正月に飾るものとして有名な鏡餅ですが、いつ頃飾らないといけないのか、何故飾らないといけないのかあまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか?
一体どんな決まりがあるのでしょうか?

◆どんな由来で飾られ出したの?
室町時代には既に飾られていたと言われています。節の家の床の間に海老など当時の高級品と並べて飾られました。源氏物語にも登場し、お祝いの席に置かれていたことも分かります。ただ、色は時代によって黒い時期もあります。白くなったのは明治時代ごろと言われていますね。
鏡餅の名前の由来は、その名前のとおり鏡に似ている丸い形であることから来ています。鏡って高級品でよく献上されていましたから、そこからお祝いの時の神様への献上と変わっていったと伝えられています。

◆いつ飾るのが一般的なの?

そんなお祝い事の席に飾るべきと考えられる鏡餅ですが、いつ頃飾るのが一般的なのでしょうか。
地方によって習慣は異なるものの、末の数字が「八」は演技が良いと日本ではされているため、それを考えて12月28日という年末ごろに飾りだす人が多いです。お正月より前に飾りだすなんて意外ですよね。
もちろんそれ以降でも問題はないとされていますが、「九」がつく日は苦しむという理由から縁起が悪いという考えもあります。もし28日に出せそうであれば、出しておいた方が無難でしょう。

◆いつ頃片付ければ良いの?

では、年末ごろに飾りだした鏡餅ですが、いつ頃から片付け出せば良いのでしょうか。お正月の間は神様にお供えしている訳ですから、食べてしまうのは無礼に当たります。そのため、正月の三が日を終えてから食べるようにした方が良いでしょう。それまではそのままの状態で飾っておいてくださいね。
もちろん食べてしまって問題はないのですが、なんせ長く飾ってきた餅ですから固くなって食べにくくなっている可能性が高いです。最近では固くならないように工夫されて売られているものもありますが、やはり固くなることが多いです。食べるのであれば、煮たりと柔らかくなる調理方法で食べるのがおすすめです。お雑煮に入れる、鍋に入れるなんて方も多くいますね。

◆飾る場所はどこでも良いの?

神様にお供えするものなので、床の間に飾るのが一般的です。ただ、最近では床の間がない家も多くなっていますから、「飾れない!」という方も多いでしょう。
そんなときは、玄関から遠い配置にある部屋に飾って問題ありません。玄関となると神様に失礼にもあたりますからね。「家の奥の方に飾れば大丈夫」と考えて飾り場所を探してみましょう。