ジュービー(joovy)カブースウルトラライトを実際に使用してみた体験談 | 重量感がありますが安定してます!

[購入したベビーカー]
わたしが購入したのはジュービーカブースのウルトラライトです。
このベビーカーは前の座席に子供を座らせることができるだけではなく、後ろにも姉弟を立たせたり座らせることのできるスペースのあるベビーカーです。


ジュービー(joovy)カブースウルトラライトを実際に使ってみました!

ジュービー(joovy)カブースウルトラライトの購入場所

2台目のベビーカーということもあって、新品で購入するには値段が高かったため中古で購入しました。
メルカリで購入して送料込みで7777円で購入しました。
正規の値段だと現在は楽天で15800円で購入することができます。
楽天ですと送料が無料でポイントも158ポイントつくのでお得に購入することができます。
中古で十分だと思う人はネットで検索してみると中古での取引の情報が出ているので中古での購入も可能です。


中古というのが特に気にならないないのであれば2台目のベビーカーはフリマアプリでゲットするものあり!
ベビーカーもメルカリで購入する時代です(笑)

ジュービー(joovy)カブースウルトラライトを購入した決め手

ベビーカーはすでに1台持っていたのですが、1人目と2人目の年齢差が1年半しかなく、上の子も歩き始めたばかりの時だったので姉弟2人を連れて出かける時に、2人一緒に乗せることのできるベビーカーを探していました。
しかし、探してみると出てくるのは双子用のベビーカーばかり。そして、その多くは横並びのものばかりでした。
双子ならば、そのベビーカーでいいのですが、一応は年齢差のある姉弟なので双子用のものを使用するには抵抗がありました。
持っているベビーカーに後付けするタイプのステップやエアバギーの2WAYBOARDの購入も検討しましたが電車の乗り降りの時には危険があるため降りる必要性があるなど不安要素もあり購入を見送りました。
持っているベビーカーと抱っこひもを活用する方法もありました。実際そうして出かけたこともあります。
しかし、抱っこひもが合わないのか肩こりや腰痛はひどいし、抱っこした後には肩に痣ができてしまうこともありました。
なので、なんとか2人を乗せて移動のできるベビーカーを探していたところジュービーカブースのベビーカーを見るけることができたのです。
ジュービーカブースのベビーカーは前の座席にはもちろん後ろにも座ることのできるスペースがあり、まさに理想としていた形でした。


1人目と2人目の子供の年齢がそんなに離れていない場合、2人乗りのベビーカーはいいと思います!

ジュービー(joovy)カブースウルトラライトを実際に使用してみて

写真や動画での情報収集はしていましたが、実際に商品を見たのは購入して自宅に届いてからです。
箱を開けてベビーカーを開いてみると想像していた大きさよりも、さらに大きいです。
圧倒的な存在感です。

使用してみると安定感が他のベビーカーの比ではありませんでした。
自宅から、児童館や公園に行くことを毎日の日課にしていたのですが、ジュービーカブースのベビーカーを使用することで移動が、かなり楽になりました。
下の子は前に座らせてしっかりとベルトを着用することができるし、上の子も後ろにちょこんと座らせて簡易的ではありますが腰を簡単に固定するベルトもついていました。
子どもも前を向いて座ってみたり、後ろを向いて座ってママと顔を合わせて座ってみたりと、自分なりに工夫して楽しそうに座っていました。
子どもを後ろに乗せていない時には、荷物を沢山載せることができるので公園に子供の自転車を持って行くのも子ども2人を連れていても簡単にできました。


想像以上に大きかった!(笑)

ジュービー(joovy)カブースウルトラライトのデメリット

近場を移動するならジュービーカブースのベビーカーは、とても実用的です。
ただ、長距離・長時間の使用には向きません。

①小回りがきかない。

真っすぐ進むのは簡単なのですがこども2人の重さだけではなく、ベビーカー自体の重量がかなりあるので曲がるときに力が必要です。
本当によいしょっ!て感じです。
なので、出かけ先でエレベーターがなければ、まず移動は不可能。
階段をベビーカーを持ち上げて移動しなければならないので、かなりの重労働になります。
エレベーターがない場所なんて現代にあるはずないと思うでしょ?
普段意識していないとわからないんですけど、あるんです。
少しの段差でも持ち上げたくないのにエレベーターがない場所があるんです。
電車の乗り降りにはコツはいりますが、乗れないというほどではないので、エレベーターの確認さえしておけば電車には乗れます。

②ベビーカーが自立しない

長時間移動するときに、食事をかならずどこかでしますよね。
その時にたいていのお店ではベビーカーを畳んで、お店の端に置いておくんです。
ジュービーカブースのウルトラライトは、ただでさえ大きなベビーカーなので畳まないと本当に邪魔になります。
しかし、このベビーカー畳むことはできても自立しないんです。
自立しないので、どこのお店にいってもベビーカーを安定して置いておくことが難しく店員さんが置く場所に困るのがマストでお店に入るだけで申し訳ない気持ちになってしまいます。

③荷物の出し入れがしにくい

ジュービーカブースのベビーカーの荷物の収納場所は、後ろの子供が座っている座席の下です。
なので、荷物を取り出す時には子供に1度立ってもらわないと荷物を出し入れすることはできません。
なので、使用頻度の高い荷物は親が常に持っているか、収納場所には入れずにベビーカーに引っかけておく必要があります。
子どもが座らなければ荷物の出し入れはしやすく、大きな荷物を置くこともできるのですが長距離の移動の時には子供も座りたいので本来ならベビーカーに収納したい大きめの荷物は確実に親が持つことになります。

④子どもが眠りにくい

後ろに座っている子供が眠くなってしまったらジュービーカブースのベビーカーは大変です。
もたれかかるところがないので、子どもが落ちてしまわないように必死に抑えながらベビーカーを操作しなければならないので大変です。


ある程度大きな子供であれば自分でどうにかするのかもしれませんが、当時後ろに座っていた娘は2歳半くらいだったので眠っているときに体のバランスをとるなんて高等テクニックはありません。
子どもが眠ってしまわないように、お菓子を食べさせたり話をしたりと必死になっていました。
以上の点からジュービーカブースのベビーカーは長距離・長時間には向かないということが我が家での結論です。


デメリットがない商品なんてこの世にありません!(キッパリ)
そのデメリットを補うメリットがあるから使ってます!

ジュービー(joovy)カブースウルトラライトのメリット

しかし、便利に感じる点ももちろんあります。

①前の座席にテーブルがついている

テーブルにお菓子やおもちゃを置いておくことができるので、子どもが飽きることなく移動時間を過ごすことができます。
テーブルにはお茶が倒れないよう工夫もされているので、飲み物が倒れてしまう心配もありません。


飽きずに乗ってくれるのはありがたい!

②重心がしっかりしている

普通のベビーカーであれば軽さが重要視されているので、安定感がありません。
わたしも子供をベビーカーから降ろす時に、後ろの荷物を下すのを忘れてしまいベビーカーを倒してしまったことが何回もあります。
しかし、ジュービーカブースのベビーカーは重心がしっかりしているので倒れてしまう心配がありません。
前に子供が載っていない状態で後ろにいる子が座っていても立っていてもベビーカーが倒れることがないので安心して子供を乗せることができます。


小回りが利かないというデメリットの裏は・・・
重さがあって重心がしっかりしている安定というメリットに!

 

③後付けで椅子を設置することができる

長距離にジュービーカブースのベビーカーは向かないと書いた時に、子どもが眠りにくいと記載しましたが、お金をかければ子供が眠りやすい環境を作ることができます。
その方法は、ジュービーカブースウルトラライトのリアシートを購入して、ベビーカーに取り付ける方法です。
私が、この方法を選択しなかったのは、このリアシートだけで5000円するんです。
1台目にジュービーカブースのベビーカーを購入していればリアシートを購入してもよかったのですが2台目のベビーカーということもあり購入を見送りました。
しかし、このリアシートを購入するだけでも長距離の移動にも向くベビーカーになると思うので購入したほうが、よりジュービーカブースのベビーカーを有効活用できると思います。


2台目のベビーカーだったので、私は見送りましたが、余裕のある方はリアシート購入でより快適にしてもいいかも!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンビのメチャライトNHを実際に使用してみた体験談 | デザインも可愛く女性でも...

ストッケ スクート2を実際に購入し、使用してみた体験談 | 力を入れなくてもスム...

アップリカ(Aprica)のA型ベビーカー「アップリカ ラクーナビッテソファーク...