未分類

いわし缶が薄毛に効く!?

皆さんは日頃、ご自身の髪の毛について何かお悩みはあるでしょうか?
髪の毛の悩みの中でもとくに薄毛に関する悩みは毎日鏡を見るたびに気になり気持ちが憂鬱になってしまうものだと思います。

薄毛は今まで男性特有のものだと思われがちでしたが、近年では女性も男性と同じようにフルタイムで働くようになり、その日頃の疲れや不規則な食生活から女性であっても薄毛になる場合が増えてきているようです。

では、男性でも女性でもなるかもしれない薄毛の要因とは何なのか下記に書き出してみたので詳しく見ていきましょう。

•日々のストレスによる血流の悪化
•不規則な食生活によるホルモンバランスの乱れ
•油分の多い食品を摂取しすぎによる皮脂の過剰分泌

以上の3点が主に薄毛の要因と考えられているようです。
まず1つ目のストレスによる血行不良ですが、人は日々の生活の中で仕事やプライベートの中でストレスを抱えながら過ごしています。ストレスの度合いやストレスを感じる内容、ストレスへの耐性など個人差はありますがこのストレスによって体そして頭皮の血流が悪くなり結果、薄毛の要因になっています。

2つ目は不規則な食生活を続けることによってホルモンバランスを崩しホルモンの減少を招いて、髪の毛の生えるサイクルや健康な髪の毛を保つという重要な役割が出来なくなってしまいます。

3つ目は食品からの油分の過剰摂取によって、頭皮の毛穴にその油分からくる皮脂が詰まりやすくなり、油分が毛穴に付着した状態が続くと薄毛の原因にも繋がります。

それではこのような薄毛の要因をどのように改善していけばいいのかご紹介していきます。
まずストレスを軽減するために大事なことは、日々の生活のなかでストレスを溜め込まないように意識し、自分なりのストレス発散方法を持っておくことです。

音楽を聴く、お風呂にゆっくりと入る、安眠グッズを揃えるなど自分で出来る事から始めてみましょう。そして何よりも重要なのは2つ目と3日目の食生活の乱れと摂取する食品についてです。

人の体は、日頃その人が食べているものによって作られています。現代人は日々の忙しさから食生活を蔑ろにしてついつい偏った内容の食事を摂ってしまったり、食事をする時間も不規則にしてしまったりしがちです。

このように食生活を二の次にしてしまうと体作りそして頭皮にも悪い影響を与えてしまいます。

そこで今回は、体の健康にも薄毛の要因の改善にも良い食品をご紹介します。
それはいわしの缶詰です。

なぜいわし缶が良いのかというと、いわしの成分に秘密があります。

いわしにはEPA、DHA、イワシペプチド、ビタミンD、ミネラル類が豊富に含まれています。

これらの成分は体の血行を良くする働きがあり、抗酸化作用によってアンチエイジングが期待でき、
生活習慣病の予防にもなります。

とくにイワシペプチドはサプリメントとして販売されるほど、いわしのタンパク質を酵素分解したいわしでしか採れない健康成分です。

厚生労働省が推奨するEPAの摂取量は1日1000gなので、
いわし缶1個200gで考えると多いものでEPAが5000gもあるそうなので、
1日あたりいわし缶を4分の1個ほど食べれば良い計算になります。

これなら毎日続けられそうな量ですよね。

いわし缶の栄養を丸ごと取れる!いわし缶ハンバーグ!

〜いわし缶ハンバーグ〜
材料2個分:いわし缶1缶、玉ねぎ4分の1個、パン粉大さじ2、溶き卵大さじ2、こしょう少々、サラダ油小さじ2
作り方
①いわし缶のいわしと汁を分ける
②いわしの身をつぶして崩しボールに入れる
③粗くみじん切りにした玉ねぎ、パン粉、溶き卵、こしょうを加えて捏ね、2つに分け形を作る
④フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し、成形したハンバーグ2個をこんがりと焼く。よく焼けたら火を消し、残しておいた缶の汁を入れて余熱で温めたら完成。

このいわし缶ハンバーグならいわし缶の栄養を丸ごと摂ることが出来ますよ。
いわし缶はどこのスーパーでも手軽に買える食品であり、料理のレパートリーも豊富です。

ぜひお家でも日々の健康と頭皮の栄養のためにも積極的に食べてみましょう。

いわし缶を使った炊き込みご飯!ショウガで生臭みも気にならず子供にも人気のレシピ!

いわしは、今ウワサの鯖に負けず劣らず、栄養分が豊富に含まれており、価格も安いので、子供やお年寄りには特にオススメの食材です。しかし、少し生臭みがあるのと、骨っぽくて食べにくい印象があるのが難点です。

そんなイワシをカンタンに美味しく調理でき、子供も喜んで食べてもらえる、いわし缶を使った炊き込みご飯がカンタンで美味しいので、ご紹介します。

(材料)
米2合、いわし醤油缶詰(スーパーで100円くらいで販売しているものでOK)、酒、みりん、顆粒だしの素、生姜、うす揚げ、にんじん、しめじ
(手順)
1.お米を2合といて、通常の量と同量の水を炊飯器入れる。
2.缶詰のいわし(汁ごと)、適当にカットしたうす揚げ、にんじん、しめじを加えて、みりんと酒を大さじ一杯づつ加え、顆粒だしを加える。最後にみじん切りにした生姜を散らす。
(生姜はみじん切りにした方が、加熱しても食感と風味が残ります)
3.炊飯器のスイッチを入れて、普通に炊く。
4.炊き上がったら、いわしを、しゃもじでほぐしながら、具とご飯をなじませる。
基本的には、これで出来上がりですが、お好みで香りのある、みつばや薬味ネギを散らしても、美味しくいただけます。いりごまも、香ばしい風味がご飯の美味さを引き立てます。