未分類

ひな祭りの食べ物の意味や由来は?どんな願いが込められてるの?

現在は3月3日の女の子の節句となっている、ひな祭りは、別名「上巳(じょうし)の節句」。室町時代に中国から伝わったといわれている、人日、上巳、端午、七夕、重陽5節句のひとつなんです。
旧暦3月上旬、巳(み)の日の行事として、昔は老若も男女も関係なくて、季節の変わり目なので、身のけがれを祓って、無病息災で暮らせるようにという意味を込めて、汚れを祓うために川で身を清めるという神事だったそうです。
しかし平安時代になってから、宮中の女の子供たちの間で行われていた人形遊びのおひな遊びと結びついたということ。
紙人形を作って穢れを移して川に流し、人形の持ち主の女の子の健康と幸せを願うようになったのが、ひな祭りの起源だそう。
現在でも鳥取やとか京都では、「流しびな」という行事が行われているのですね。
そして現在のように、ひな人形を飾るようになったのは江戸時代だそうで、徳川家康の孫娘で後水尾天皇の中宮となった徳川和子、「東福門院」が自分の娘のためにつくった男女一対の内裏びなが始まりに。
東福門院はそのころの京都の流行を作る人だったせいもあって、たちまち裕福な商家や名主の家庭まで広がり、3月3日に人形を飾り女の子の成長を祝う儀式として定着、人形も豪華になっていったそう。三人官女や五人囃子などを加えた段飾りが普及したのは明治時代以降のことだそうですが、ひな人形が暖に飾られるのは位を持っているからで、宮中では宮様が位を持っているので、お雛様も段じゃなくて畳の上に飾られるんですよね。
また、ひな祭りが桃の節句と言われるゆえんは、上巳の日の頃が桃の花が咲く時期ということと、昔は病気やなにかで子供が育たないことが多かったため、桃には邪気を払う効果があると言われたためという、両説があるそう。
そしてひな祭りといえば、やはりお祝い料理が欠かせませんが、どれも早春の旬の食材を使った伝統的なものですね。ちらし寿司をはじめとして、はまぐりのお吸い物、ひなあられ、菱餅、白酒など、それぞれには、素材や色にも縁起の良い意味が込められていて、お子さんと一緒に由来や意味を知ることで、もっとひな祭りについて理解が深まり楽しく過ごせるのではないでしょうか。

ひな祭り、ちらし寿司の意味や由来は?使用されている具材にはどんな縁起の良い意味があるのか?

お寿司はやはり日本のお祝いには欠かせない定番料理のごちそうですが、ちらし寿司は具に意味が込められていて、海老には、腰が曲がるまで長生きする、蓮根の穴は、遠くまで見通しがきく、豆は、健康でまめまめしく働ける、などが、縁起のいい具とされています。

ひな祭り、はまぐりのお吸い物の意味や由来は?縁起の良い意味はあるの

はまぐりは、平安時代の遊びであった「貝合わせ」などで知られていますが、ひな祭りの頃の旬の食材で、はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、昔から結婚のときのお祝いなどにも欠かせない品で、幸せな結婚への願いが込められた縁起物のために、女の子のお祭りには欠かせない縁起ものなんですね。

ひな祭り、白酒の意味や由来は?縁起の良い意味はあるの?

もとは、白酒ではなく、桃の花びらを漬けた「桃花酒」が飲まれていたそうです。昔から桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらす薬として重宝されていて、桃花酒も薬酒のひとつとして中国から伝わったということ。体内に悪い子が宿らないようにという意味もあるそう。江戸時代以降に、みりんに、蒸した米、麹を混ぜて1カ月ほど熟成させた「白酒」がポピュラーな飲み物に。しかし白酒はアルコール度数10%前後のお酒なので、お子さんには甘酒程度にしておきましょう。

ひな祭り、ひなあられの意味や由来は?縁起の良い意味はあるの?

ひなあられは、菱餅を外で食べるために砕いて作ったとされていて、餅に砂糖を絡めて炒ってあるということ。ピンク、緑、黄、白の4色は四季を表していて一年中健康であるようにという意味と願いが込められているそう。

ひな祭り、菱餅の意味や由来は?三色の色にはどんな意味があるのか?縁起の良い意味はあるの?

緑、白、ピンク(紅)の3色の餅を菱形に切って重ねたものを飾ったのが菱餅です。色にもちゃんと意味があり、白は清浄、雪、ピンクは桃色で魔除け、緑は大地で健康や長寿で、これから雪がとけて春になり、大地には草が芽生えて、桃の花が咲く、ということだそう。また緑色の餅は増血効果があると言われるよもぎを混ぜていて、白餅には、血圧を下げると言う菱の実を入れ、ピンクの餅は解毒作用があると言われるクチナシで色をつけてあるということ。そして菱形は「心臓」を表し、親が娘の災厄を除いて健康を願う気持ちを込めたものであるということ。

その他、願いごとが叶うと言われるさざえ、はまぐりの代用品として、あさりなどの貝類も使われることが多く、野菜は、芽を出すものが縁起が良いということで、わらび、よもぎ、木の芽などが、おひたしや浅漬けとして、また白酒に浮かしたり、よもぎ餅、桜餅も喜ばれるおやつですよね。
女の赤ちゃんが初めて迎えるひな祭りを、初節句といいますが、昔も今も子どもたちの健康、成長を祈る気持ちは同じなので、家族そろっての手作りのちらし寿司や蛤のおつゆ、ひなあられなどを、しみじみと意味を考えながらみんなでいただくと、思い出に残るひな祭りになるのではないでしょうか。