未分類

ハンバーグのタネがゆるい!!そんな時にはこれを試してみてください!

ハンバーグのタネがゆるい!!そんな時にはこれを試してみてください!

ハンバーグのこね方が上手くいかず、ゆるいタネになってしまうことがあると思います。ハンバーグのタネとはハンバーグをこねたものを言い、ゆるいとは固くならずにこねた後水っぽくなることを言います。あまりにも水っぽくなるとハンバーグをこねることが出来ないし、ようやくこねることが出来ても食べるときに歯ごたえが全くなくなります。もう少しゆるくないようにするにはどうしたらいいか説明します。

ひき肉を使った場合手でこねますが、このこねたときにゆるくなってしまう理由はこね方が足りない原因が考えられます。ハンバーグのこねてから玉ねぎ等他のものを入れる前の準備はとても大切です。こねるタイミングが重要で、ハンバーグと玉ねぎをこねて混ぜると水っぽくなるし、またハンバーグと調味料を混ぜてこねると水っぽくなります。どうしたら固さを保ちながらこねることが出来るかというと、ハンバーグのひき肉だけ先にこねて、後から玉ねぎなど一緒に混ぜます。このときにしっかりこねていないと、またすぐゆるくなってしまいます。


もう1つ原因が考えられ、玉ねぎや他のものを混ぜるときに水が沢山ついたままこねるとゆるくなります。ハンバーグは固いのに水分が多いとしんなりしてしまいます。玉ねぎや他のものを混ぜるときは水分をよく取ってから混ぜることをおすすめします。確かに玉ねぎや野菜は洗うことが重要ですが、ハンバーグの料理をするときは野菜の水分をきちんと取ることも重視します。
玉ねぎ以外にも牛乳を混ぜるときもよく考えなければいけません。ハンバーグを作るときは牛乳を使ったりすると思います。牛乳は水分の量が多いため、混ぜると当然ゆるくなります。きちんとこねたハンバーグの後に混ぜる場合は、牛乳を入れすぎないようにします。水分は他の材料を混ぜるときに殆どあるため、目標の水分の量よりは少し少な目を目安としてこねるのをおすすめします。


上記の状態で頑張ってみたけれど上手くいかなかった場合は、パン粉を沢山入れると固まりやすくなります。水分を多めに入れてしまったからと慌てず、調整出来る方法を探すことが肝心です。パン粉がない場合は小麦粉や片栗粉でもいいです。水分を固められるものとハンバーグに合う調味料で調節するといいです。これでも上手くいかない場合は、普段からハンバーグをこねるところから練習するといいです。ハンバーグをこねる速さが少し違うだけでも固さが変わってきます。

ハンバーグを作っていると、タネが緩くなりすぎてしまい一つにまとめることができなくなり、困った経験もあるのではないでしょうか。

ハンバーグには挽き肉の他に卵や野菜などを入れるという方も多いかもしれませんが、実はゆるいタネになってしまう要因にはこの野菜や卵などの入れすぎになるものだと言えます。
特に野菜には水分がたくさん含まれていますので、野菜嫌いの子どもさんにしっかりと栄養をとってもらうようにと、ハンバーグのタネにさまざまな野菜を入れてしまうと、その野菜から水分が出てしまい、タネが緩くなりすぎてしまうのです。玉ねぎ以外にもニンジンなどを入れるかたもいるかもしれませんが、その際には不要な水分をしっかりと拭いておくことが大切ですが、それでも水分が出てしまい、緩さを感じることもあるものです。

そこで、ゆるいハンバーグのタネを救うためにはパン粉が役立ちます。いつもパン粉をハンバーグに使われるかたもいるかもしれませんが、通常なら牛乳などでふやかしたパン粉を入れるのですが、ゆるくなってしまったハンバーグのタネにパン粉を入れる場合には牛乳に浸す必要はありません。少しずつ入れていきまとまるくらいになるまで加えます。まだゆるいかなという程度の固さで大丈夫です。ある程度ゆるい感覚が減少されたら、一度冷蔵庫に入れて、10分ほど寝かせると更にタネがまとまります。あまりパン粉を入れすぎてしまうとお肉のジューシーさが減少してしまいますので、入れすぎないように注意をしてください。パン粉は出来るだけ新鮮なものを使うのがおすすめです。食パンがある場合には食パンを小さく削ってゆるくなってしまったハンバーグのタネに入れると水分を更に吸収してくれます。あくまでも応急処置ですので少しずつ入れて様子を見てください。

パン粉やパン以外にも高野豆腐を入れるという方法もあります。豆腐ハンバーグというものもありますが、豆腐そのものを入れるとタネがゆるくなってしまいますので、堅い高野豆腐をおろし金などでおろしながら入れてみてください。高野豆腐でハンバーグ自体もヘルシーに仕上がりますし、かさましにもなりますので、ゆるくなってしまった時だけでも普段作りのハンバーグの材料として取り入れることをおすすめします。もしもハンバーグのタネがゆるいと感じたら、まずは冷蔵庫に寝かせてみて様子を見て、パン粉やパン、高野豆腐で固さを調整することが大切です。ゆるすぎてしまうと焼くときに大変ですので、まとめやすい堅さに調整をしてください。

ハンバーグを作っていると、何故かタネが緩かったなんて経験がある方も多いのでは?それでももうお肉も使いきっているし、このまま形も崩れて焼いたらポソポソしそう!そんな時にどうすれば良いかご存知でしょうか?
実は何個か解決法があるのです。

◆パン粉や食パンをプラスする
ハンバーグのタネがゆるい場合、ほとんどは牛乳だったり卵が肉の割合に比べて多いことが原因です。もしお肉があればお肉の割合を増やせば良いだけなので簡単なのですが、もしない場合には「パン粉」を足してみては?パン粉は水分を吸収してくれる働きがありますから、ゆるくなったタネを少し固くすることができます。
もしパン粉がない場合には、食パンをちぎって入れることで代用することができますよ。

◆高野豆腐をすりおろして使うのもおすすめ
もし、「パン粉も食パンもない!」そんなときにはどうすれば良いのでしょうか?
おすすめなのは「高野豆腐」をすりおろして入れることです。ハンバーグと高野豆腐と聞くと全くイメージが違うものという感じがしますが、実は「ハンバーグ作りと言えば高野豆腐」という考えがある方もいるほど人気の食材なのです。
高野豆腐をハンバーグに入れることで、ふっくらしたハンバーグを作ることができます。パン粉と同じく水分を吸収する働きがありますからタネのゆるさも解消することができますからおすすめです。

◆1回冷凍するのもおすすめ
ハンバーグのタネがゆるくなってしまった場合、もし時間があるのであれば1度冷凍するのもおすすめです。冷凍しておけばハンバーグの油ぶんも固まるので少し固くすることができます。
焼くときにはそのまま焼けばジューシーさが残るハンバーグになるのでおすすめですよ。
もし「冷凍しても不安」ということであれば、焼くときに小麦粉を振りかけておくのもおすすめです。少し回りが固くなって中はじゅわっとした美味しいハンバーグができるのでおすすめです。

◆もし難しいならそぼろにするのもあり
もし「もうハンバーグを諦めよう」そう思うならその食材をそのままそぼろにしてしまうのもありです。
例えば醤油と砂糖と酒、生姜を入れると三色丼にぴったりのそぼろができあがりますし、もし洋風にしたいのであればトマトを角切りにしてケチャップとウスターソース、砂糖を入れればなんちゃってミートソースの出来上がりです。
ハンバーグにこだわらない場合には、ちょっとしたアレンジで他の方法でも美味しく食べられますよ。