未分類

ディズニー ポップコーンバスケットの使い道!vol.1 おもちゃ入れとして活用!

ディズニーリゾートに行くとつい可愛くて買ってしまうポップコーンバケット。
でも、家に帰ると結構場所を取るし、使い道に困ってしまうことはありませんか?
我が家にはディズニーのポップコーンバケットが3つあります。
そんな我が家でのポップコーンバケットの使い道についてお話しします。
まず、ポップコーンバケットには色々な形があることはご存知でしょうか。
各キャラクターをイメージして作られた折り畳みのできないポップコーンバケット。例えば、ミニーマウスをイメージして作られたリボン型のポップコーンバケットなどです。
季節のイベント限定で発売されることが多い、大きさを変えられるポップコーンバケット。三段階になっており、ケースを回して大きさを変えられるものです。
そして最近販売し始めたポップコーンケースと言う、レギュラーポップコーンをそのまましまうことができるものです。
現在販売されているものはこの3つの形に当てはまると思います。
まず、どの形のポップコーンバケットにも言えることですが、家に帰ったらポップコーンバケットの洗浄をして頂きたいです。
ポップコーンバケット内はポップコーンの油でベタベタしており、臭いもあります。
ポップコーンがバケット内に挟まって残ってしまっていることもあります。
食器用洗剤で洗浄した後、一晩水を張ったバケツなどの容器に漬け置きし、しっかりと乾燥をさせてから保管、使用をおすすめします。
さて、使い道ですが、まずは折り畳みのできないポップコーンバケットについてお話しします。
こちらのポップコーンバケットは先程の形の説明でもお話ししたように各キャラクターのイメージをしたポップコーンバケットです。
その為、もしお家にそのイメージと同じキャラクターがいましたら、首にポップコーンバケットを飾ってあげること可愛いです。
中には髪飾りや化粧品などの試供品を入れることができます。バケット自体は大きいのですが、入り口が小さいので取り出しにくい大きなものは避けた方がいいです。
また、再度パークに行く予定がある場合はもしお持ちで有れば、パスポートケースを入れておくと、いざまたパークに行こうとした時に準備しやすいです。
我が家ではパスポートケースの一時期紛失が多いので、役に立っています。
次に大きさを変えられるポップコーンバケットについてお話しします。
大きさを変えられるポップコーンバケットは折り畳んだ高さが手よりも小さいので収納しやすいです。
また一番大きくすると円柱に近い形となり、深さがでます。
バケットの入り口が広いので、比較的大きなものをしまっておけます。
我が家では一時期、街中でもらったポケットティッシュ入れになっていました。
現在はおもちゃ入れとして活躍してくれています。

余談ですが、ポップコーンケースはペットボトルを入れる水筒入れとして大活躍です。
また以前買ったポップコーンバケットを持っていくと「懐かしい〜、大切にして頂いたんですね。」とキャストさんが話しかけてくれました。

ディズニーはたくさんの夢を私たちに見せてくれます。
またいつかパークに行くことを考えて、ポップコーンバケットを大切に使っていきたいですね。