未分類

中学生のお年玉の相場はいくらくらいなの?

お正月の楽しみとしてお年玉があります。お年玉は年齢によって金額が異なりますし、地域や家柄などによっても異なりますが、一般的に年齢のあわせた相場というのがあります。中学生の相場というのは一般的に3000円または5000円、一万円のいずれかであると言われています。相場の範囲が広いと思われるかもしれませんが、地域や関係性などによって同じ中学生を相手でもお年玉の金額相場は変わっていきます。日本には4という数字は忌み嫌う傾向にありますので、4000円という金額は避けるのが基本です。高額のお年玉を与えるのも、他のお年玉を準備したと比較の対象となってしまいますので、親族などの場合には相談をして金額を決めるとわだかまりも起こり難いと言えます。しかし、相談することができない場合には相手との関係性によって金額を決めるという方も少なくはありません。
甥や姪などの比較的親しい関係性で年中一緒に過ごすことが多い相手に対しては5000円から1万円、年に一回程度しか会わないような親戚の子供や友達の子供などやや関係性が遠い中学生には3000円と金額を変えることもあります。また、都心の場合には金額も高くなる傾向にあります。相場としては1万円を超えないというのが中学生に対してのお年玉の金額ではありますが、都心の場合には3万円程度というケースも少なくはありません。都心の中学生のお年玉の相場は5000円、関係性によっては一万円が相場だと考えて準備をされることをおすすめします。
一方で地方などになると親族などが集まることが多いですので、多くの子供たちにお年玉を準備しなくてはならないなどの傾向がみられますので、3000円が相場、関係性によっては5000円、経済状況によっては一万円などを準備する傾向にあります。中学生にお年玉の準備を行なわなくてはならないとき、もしも悩まれたら5000円を入れておくのが無難です。見栄を張って大金を入れてしまうと、周りの人に気を遣わせてしまうということを頭においてお年玉の金額を決めることも大切です。中学生は自分で働くことが出来ない年齢でもありますので、金銭感覚を守る金額ということも大切です。お年玉はそのまま渡すのではなく、ポチ袋などに入れて渡すというの基本です。袋に名前を書くと金額の差を勘付かれてしまうため袋の柄を変えることが大切です。

小学生になると学年によってお年玉の金額を変える傾向にありますが、中学生は3年間は同額ということが多い傾向にあります。