お役立ち情報

鶏肉を柔らかくする方法!魔法の水 はブライン液!作り方や効果を紹介!

● 鶏肉を柔らかくする方法!魔法の水 、ブライン液とは?
ブライン液とは、鶏肉を漬けるだけで柔らかジューシーになる魔法の液体です。しかも作り方も簡単!
鶏肉を焼く前にひと手間加えるだけで、お店に出てくるようなお肉に大変身してしまいます。

ブライン(brine)とは簡単に言えば塩水のことで水と塩のみでもブライン液と呼びます。しかし、そこにあるものを混ぜるだけでしっかり鶏肉を柔らかジューシーにすることができるのです。そのあるものの正体とはいったい何なのでしょうか?そして、なぜ柔らかくなるのでしょうか?それについてこれから考えてみようと思います!
そして実際にブライン液を使って調理もしてみたので是非参考程度に読んでみてください。

● 鶏肉を柔らかくする方法!魔法の水 、ブライン液の作り方
まずは、ブライン液の簡単な作り方を紹介していきます。

まずは水200㎖を用意します。そこに塩10ℊ(大さじ2弱)と砂糖10ℊ(大さじ3)加えます。これで終わりです!
とっても簡単ですよね。

そして、あるものの正体は砂糖でした!正直私は初めて知ったとき驚きでした。
もっと特別な調味料を使わないと柔らかくならないと思っていたからです。それが砂糖と塩と水だけでできるなんて…
正直もっと早く知りたかったですね。

しかし、1つだけ注意点があります。それは、水に対し塩分を5%超えないようにすることです。もし5%を超えてしまうと結果的にはお肉がパサパサになってしまいます。
せっかく鶏肉を柔らかジューシーにするために作ったのにパサパサになってしまったら元も子もありません…
なのでこの点はしっかりと注意しましょう!

● 鶏肉を柔らかくする方法!魔法の水 、ブライン液の効果は?なぜブライン液で鶏肉が柔らかくなるのか?どのくらいつければ良いのか?
ここでは、なぜブライン液を使うと鶏肉が柔らかくなるのかを考えていきたいと思います。
ブライン液とはさっきも説明した通り、言ってしまえば塩水に砂糖を加えただけです。ではなぜ、そんな簡単なもので鶏肉が柔らかくなるのでしょうか?
 
結論から言うと、塩水が鶏肉をコーティングしてくれるからです。
鶏肉をコーティングすることにより、肉の中の水分、つまり肉汁をより閉じ込めてくれる効果があります。
その効果のおかげで、安い鶏肉でも柔らかく、ジューシーに仕上げることができるのです。

●実際に使ってみてどうだったか?(可能な方のみ)
それでは、実際に私が塩水とブライン液の2つを使って実際に鶏肉料理を作り比べて食べてみました。
結論から言うと、2つともおいしかったです!!しかし、ただの塩水でつけた方は柔らかいもののあまりジューシーだとは感じませんでした。言い方を変えると効果が薄いように感じました。
それを考えると、ブライン液の方はかなりジューシーに作ることができ、とてもおいしかったです。料理を食べた時も肉汁が出てくるのでとっても幸せな気分になれました!

また、ブライン液を作るのも塩水を作るのもあんまり作る時間は変わりませんでした。
どっちを作るにしても5分もかからずに作れるので、ブライン液を作る方が手間はほとんど一緒でよりおいしい鶏肉を食べることができるのでお勧めです。

●まとめ上記記載事項のまとめ
これらのことから、ブライン液を使って調理をした方が料理もおいしく、手間もかからないのでお勧めです。
ブライン液だけでおいしい調理ができるので、友達にふるまって自慢することもできるし良いことしかないと思います。
簡単に作ることができ、かつ費用もほぼ全くと言ってもいいほどかからないので1回でも作ってみることをお勧めします。
多分、1回作ったらもう一度食べてみたいと思うはずです。
皆さんも是非試してみてください!