未分類

ヘリコプターペアレントが子供の将来をダメにする!?どんな特徴がある?

●ヘリコプターペアレントとは?

ヘリコプターペアレントのヘリコプターという部分は、子供の周りを飛んでいる様子を表しています。
常に近くを飛び回り、子供に関わろうとする親が、ヘリコプターペアレントです。

つまり、とてつもなく過保護な親ということです。
子供を守ろうとする気持ちは間違いではありませんが、やりすぎには注意したいものですね。

過保護すぎると、結果的にはデメリットが発生してしまい、子供の将来を不安定にすることもあります。

●ヘリコプターペアレントになる親の特徴とは?

ヘリコプターペアレントになりがちなのは、必要以上に心配する人です。
親が子供の心配をするのは当たり前のようですが、あまりにも度が過ぎると、子供のためになりません。

傷つかないようにすべての困難を遠ざけてしまうと、子供が何も学べない状態になってしまうからです。
本当に必要なときは守るべきですが、少しくらいのダメージなら、あまり気にしないことが大切です。

また、理想を強く追い求めることも、よくある特徴のひとつです。
自分が思い描く完璧な親になろうとすると、すべてに世話を焼き、子供の自由を奪うことがあるのです。

子供の失敗は、うまく教育ができない親の責任であると考え、些細なことでも口出しをしてしまいます。
そうしたやり方は、ヘリコプターペアレントになりかねない危険な行為です。

他には、せっかちな人も要注意です。
せっかちなこととヘリコプターペアレントは、一見するとつながらないように思えますが、油断は禁物です。

子供が何かする前に、すべて先回ってやろうとするため、自主性をことごとく奪い取ることになります。
あまりに先回りしすぎるため、子供が何も言えなくなり、大きなストレスをためることもあるのです。

せかせかと動くことを良いことのように考えている人もいますが、やりすぎはよくありません。
子供のペースを考慮し、ある程度は自分でやらせることも、教育には必要です。

●ヘリコプターペアレントにはどんな事例がある?

・子供が選んだ結婚相手を認めず、親が勝手に決めてしまう
・結婚式を親が仕切り、本人たちの意見をすべて却下する
・初めてのデートに無理やりついていく
・1人暮らしを絶対に認めない
・社会人になっても門限の厳守や外泊の禁止を続ける
・就職の面接に必ずついていく
・子供の気持ちを無視して進路を強引に決める
・メールの内容などをすべて調べ上げる

いずれの事例も、子供を心配する気持ちが根底にありますが、極端になりすぎてかなり怖いですね。
こうした行動で人生を歪められると、子供は幸せに暮らすことができません。

●ヘリコプターペアレントに育てられた子供はどんな感じになるの?

ヘリコプターペアレントのもとで普通とは違う生活を続けると、強さが身に付きません。
ちょっとしてことでも大きく傷つき、まったく対処できないまま挫折することがあります。

これは、当たり前に暮らしていれば誰もが通る失敗や喪失などを、まったく経験させてもらえないからです。
ヘリコプターペアレントは「子供のため」と考えますが、その結果は真逆になります。

また、コミュニケーション能力が低くなることも、深刻な問題です。
ヘリコプターペアレントは他者とのつながりを妨げるので、コミュニケーションの練習ができません。

すると、普通の人間関係を築くことができなくなるのです。
チームで協力し合うこともできないため、仕事がうまくいかず、引きこもりになることもあります。

そして、努力ができないことも、よくある弊害のひとつです。
普通は何か失敗をするたびに反省し、改善できるように努力することで成功をつかみとります。

ところが、ヘリコプターペアレントは子供に失敗させることを嫌うため、努力をしなくてもなんとかなってしまいます。
そのまま社会に出れば、自分でがんばることができず、何をやってもうまくいきません。

こうした不幸な人間を育てないためにも、ヘリコプターペアレントにならないように、気を引き締めて生活したいものです。