未分類

みかんが認知症予防に効く!?

認知症は超高齢化社会の現代において多くの方がなるものであると考えられています。年を重ねたら認知症にあるのもだという考えを持っている方もいますが、実は認知症というのは予防しだいで防ぐことが出来ます。脳トレなどさまざまな認知症予防方法がありますが、近年話題となっているのがポリフェノールの一種でもあるノビレチンという成分です。ノビレチンには認知症を予防する効果があるとして研究が進められており、このノビレチンが含まれている食べ物として注目されているのがみかんです。
みかんは昔から摂取されてきた果物であり、ビタミンが豊富であることから風邪予防にも効果があると言われていますが、実はさまざまな効果が期待されています。みかんんい含まれている成分には抗酸化作用があり、これは老化を防いでくれる作用があります。抗酸化作用によってさまざまな病気を未然に防いでくれるという正に万能な食べ物としてみかんが選ばれているのです。老化を防いでくれる作用がありますので、認知症の予防にもみかんを摂取することで繋がると言えます。しかし、認知症を患われている方が多いとされる日本人は昔からみかんを食べてきた人が多いため、本当に認知症予防の効果は期待することができるのかと思われるかもしれませんが、実は従来通りの食べ方では認知症予防の効果というのはあまり期待することが出来ず、食べ方というのが重要となってきます。認知症に効果的であるといわれている成分、ノビレチンはみかんに多く含まれていますが、それは実の部分ではなく皮や実を包んでいる袋の部分なのです。
みかんはたくさん食べるけれど皮まで食べてきたという方は少ないはずです。そこで、認知症予防の為にはみかんを皮ごと食べるということが推奨されています。しかし、みかんの皮というのは固いですし、汚れなども心配という方も多いのではないでしょうか。そのため、認知症予防のためにみかんを取り入れるのであれば、ミキサーやフードプロセッサーで皮ごと食べることが出来る状態にすることが大切です。
みかんはきれいなたわしで皮をまずは磨きます。そして、人肌よりもやや温かめのお湯で皮を洗い、汚れを落とします。汚れを落としたら、カットしてミキサーなどにかけて皮等を食べやすい状態にし、これを毎日スプーンで一杯程度いただくようにすると効果的です。ミキサーにかけたり細かくしたものを少量の塩を加えてレンジで温めて塩みかんにしたものを常備しておくのもおすすめです。

柑橘類は認知症予防に良いと言われています。特にみかんを食べ続けている人の認知症発生率は他の人に比べて低い、という研究結果も出ています。
ミカンというとビタミンCが豊富に含まれていることは知られていますが、認知症予防にはどのような成分が有効なのでしょうか。

みかんを含め柑橘類には「ノビレチン」というフラボノイドが含まれています。「ノビレチン」は主に皮に含まれている成分で身の部分には多く含ま
れていません。とは言うものの、全く含まれていないわけではありません。従いまして、毎日継続的に食する習慣をつけることで少しづつではありますが体内へ取り込まれ、結果として効果が表れるのです。

この「ノビレチン」ですが、直接的な効果というと神経細胞突起を伸長させる効果があります。少し難しい用語になりますが、脳内ではシナプスと呼
ばれる伝達物質が重要な働きをします。脳内には無数の神経細胞が存在しますが、これら神経細胞の情報伝達を行っているのがシナプスになります。
つまり、シナプスがなければ互いの神経細胞は情報伝達ができなくなり、脳の働きが阻害されてしまうわけです。

認知症とは、まさにこうした脳の働きが活性していない状態を指します。

「ノビレチン」を継続的に摂取することで、神経細胞間の情報伝達を行う突起物が伸び、さらに神経伝達物質を活性化させることが明らかになっています。

では、具体的にどの程度のみかんを摂取したら良いのでしょうか。

残念ながら、明確な数字として指標が出ているわけではありません。ただし、5年間を通じて、1週間に1~2個程度みかんを摂取した場合と、1週間に3~4個
摂取した場合とでは認知症発生リスクに約20%差が出たという研究結果があります。従いまして、週に3~4個程度のみかんを継続的に食することが必要だと
言えます。

これは、みかんの身を食べた場合の数字になりますので、もっと多くの「ノビレチン」を摂取したいということであれば、みかんの皮を有効活用する方法が
あります。

みかんの皮をそのまま食べるわけにはいきません。方法としては、ジャムを作る時にみかんの皮を細切れにして混ぜてみたり、やはり細切れにした皮をクッキー
に混ぜて皮入りクッキーをつくる方法があります。少し変わった方法としては、皮をミキサーにかけて粉末にし、七味唐辛子にまぜて薬味に使う方法もあります。

大切なことは、「継続してみかんをたべること」です。週に3~4個であれば無理な量ではありませんね。ぜひ習慣にしてみてはいかがでしょうか。