未分類

セーターの縮まない洗い方は!?縮んでしまった時のセーターの縮みの直し方は!?

セーター 縮まない 洗い方
セーターは縮まない洗い方があり、きちんとお手入れしないとすぐ縮んでしまいます。そのために必要なことは、まず洗剤の種類を間違えないようにするのがコツです。洗剤の種類には中性からおしゃれ着用の洗剤、アルカリ性のものがあります。アルカリ性のものを購入した後洗濯するときにセーターを洗ってしまうと、セーターが小さくなってしまいます。なるべく中性のもの、出来ればおしゃれ着用の洗剤を使うのが望ましいです。アルカリ性のものは綿やポリエステルに向いた洗い方であり、セーターを洗うときに使うのは不向きです。
セーターは素材が特別だから洗濯はなるべく弱、脱水時間は少なめにする方がいいです。綿と同じように普通洗いにしてもいいですが、弱にしたり洗濯ネットを使う方がセーターの素材をきちんと守りながら洗うことが出来ます。外で干すときは日干しではなく陰干しし、乾くまで待つだけです。普通の洗い方とは少し違うため、縮まないようにするためによく記事を読んでおきましょう。
今までの説明はクリーニングを使わない洗い方の説明でしたが、クリーニングを使う方法もありです。クリーニングは通常水や洗濯につけず、汚れを細かくし汚れだけを落とした水につけない洗い方をしてくれます。料金やクリーニングが終わるまでの時間がかかるのが難点ですが、セーターを何着も持っていれば問題ありません。どうしても選択が上手に出来ない場合は、表示をよく確認しドライクリーニングが出来る表示が書かれていればクリーニングに出すことが出来ます。
自宅でもあまり汚れていなければ毎日洗わず、2日に1回、3日に1回にするなど工夫するのもいいです。毎日洗っていれば中性洗剤を使ってもどうしても縮んでしまいます。毎日洗うことが気になる場合は日にちを置いて選択すると傷みにくくなります。食事など汚れることをするときは洗濯が出来るものを着て、どこか出かける場合はセーターを着るなど場所によって着ていく服を変える方法もあります。こうすることでセーターに汚れがあまりつかず、3日に1回洗うだけでも問題なくなります。
ちなみに洗濯機で洗うことを条件に上記では説明しましたが、どちらかといえば手洗いの方がいいです。手洗いの方が加減しながら洗うことが出来るし、お湯も入れながら洗うことが出来ます。ぬるま湯に入れて洗うと1番縮みにくいです。お湯があまりにも熱い場合は水をつけたした後でセーターを洗うようにしましょう。

セーター 縮み 直し方

お気に入りのセーターを洗濯したら、縮んでしまってデザインも変わってしまった!そんな悲劇に直面したことがある方も多いのではないでしょうか。確かにセーターの洗濯方法って難しく、手荒いでないといけなかったりと他の衣服と比べて扱いが大変な場面も多いです。
ですが縮んでしまったセーターって直らない訳ではありません。少しの工夫をするだけで、元のお気に入りの形に直るのです。その直し方とはどんなものがあるのでしょうか?

◆アイロンを使って直す方法がおすすめ
もしセーターが縮んでしまったのであれば、アイロンを使った直し方がおすすめです。アイロンなら家にある!という方がほとんどですよね。
方法も簡単です。スチームモードに切り替えて、あとは直接ではなく少し浮いた状態でスチームを当てるようにセーターに広げていくだけです。たっぷりとスチームをあて終わったら、セーターを伸ばして形を整えていくだけです。
それを4回程度繰り返したら形が整ってきますからあとは自分で部分的に調整してみましょう。

◆コンディショナーを使った直し方もある!
コンディショナーと言えば頭を洗うときに使うものというイメージがあると思うのですが、実はセーターの縮みを直すときにも活躍してくれるのです。意外すぎて「本当に大丈夫?」と私も思いましたが、実際に試してみるとお気に入りのセーターが元の形に戻って感動しました。
方法も簡単です。まずはコンディショナーをお湯でとかします。そこにセーターを入れて30分程度放置します。そのあとは戻したい形に戻るように引っ張って平干しするだけです。もし難しいほど縮んでしまっているときには洗濯バサミを使ってとめてみたりと工夫をしてみましょう。ハンガーは形を変えてしまうのでおすすめしません。
もし腕の部分を直したいなど細かいところを直すのであれば、中に段ボール箱を切っていれて、干している間に縮むのを防止する方法もあります。

◆部分的なら霧吹き+ドライヤーでも大丈夫
もし一部だけ縮んでしまってすぐ直したい!というセーターであれば、霧吹きとドライヤーで部分的に直すこともできます。
まず縮みを直したいところを霧吹きを使って濡らします。あとは引っ張ってドライヤーで乾かすだけです。他の紹介するどの直し方よりも簡単ですよね。
一部分だけ直すことができますし、何より時間がかからず直すことができるので、すぐに着たいときやちょっと直したいときにもおすすめです。