未分類

酢ナッツが血圧上昇に効く!? お酢とピーナツが血圧低下に効果があると話題に!?




酢ナッツはそのままお酢とピーナツの事ですが、どちらも血圧を下げる効果があると言われています。お酢に含まれている「酢酸」は血管を広げ血圧を下げる効果があり、ピーナツに含まれる「ポリフェノール」にも同様の効果があり、その2つを組み合わせば相乗効果が期待できます。
高血圧には色んな原因がありますが、よく言われているのが血管が固くなる事と塩分の摂りすぎが原因になります。そんな高血圧に効果があると言われているのがピーナツで高血圧の原因となっている2つの要素をどちらも改善できる栄養素やポリフェノールが含まれています。
薄皮が付いている素焼きのピーナツがありますが、あれが特におすすめで1日20粒を目安に食べるだけです。そのまま食べてもいいのですが、もっと効果を高めるためにお酢と組み合わせて食べるほうがいいです。
お酢は血流改善効果がある他、血糖値の上昇も抑えてくれます。そのため食前に酢ナッツを食べることで血糖値を抑えて高血圧も改善されるということです。
注意してほしいのが柿の種やバタピーなどです。これらもピーナツですが、血圧を下げる予防策としてはあまり良くないので、できれば薄皮がついたピーナツを選ぶようにしてください。




お酢が体に良いということは多くの方がご存知のことではないでしょうか。そのお酢とピーナッツを合わせた酢ナッツが近年血圧の上昇を抑えてくれるとして話題となっています。酢ナッツというのはピーナッツを薄皮のままお酢に漬けたものです。使用するお酢は穀物酢でも黒酢でもなんでも大丈夫です。ピーナッツがひたひたになるように酢を注いだら完成です。3日ほど漬けるとよりお酢がナッツに浸透してくれます。
この酢ナッツがなぜ血圧上昇をおさえてくれるのか、それは酢には酢酸という血圧を下げてくれる働きがあるからです。更にピーナッツにはたくさんのポリフェノールやオレイン酸という血圧上昇の要因となっている悪玉コレステロールを減らしてくれる働きある成分が含まれていますので、それぞれの血圧低下の効果がある食品を混ぜることで、血圧を下げる効果が高まります。
自宅でも簡単に作ることが出来る酢ナッツは体にいいからと言って食べすぎはいけません。少量を毎日摂取することに意味があります。この酢ナッツを一日20粒を目安に摂取することによって、血圧が下がったという経験をされた方もいますので、一度に大量を摂取するのではなく、毎日継続して酢ナッツを取り入れることが大切です。




血圧を下げてくれる効果があるとして注目さている酢ナッツは、自宅で簡単に作ることが出来ます。まず、薄皮のついた状態のピーナッツを準備します。ナッツの薄皮の部分にはたくさんのポリフェノールが含まれていますので、血圧の上昇を抑える効果のあるポリフェノールを効率的に摂取するためには、薄皮ごと使用するのが血圧低下のためには効果的です。ナッツには他にも血圧を上げる悪玉菌を減らす効果があるオレイン酸が豊富に含まれていますので、この薄皮つきのナッツに血圧の上昇を抑える成分が含まれている酢を加えることによって双方の血圧を下げる効果が高まるのです。
ナッツに酢を浸透されて半日以上寝かせると酢ナッツの完成です。この酢ナッツを毎日20粒摂取することが大切です。ポイントはたくさん摂取するのではなく、毎日欠かさず摂取することです。この酢ナッツを摂取するタイミングは朝が効果的だと言われています。血圧というのは起床後が最も高くなるといわれています。そのため、朝に酢ピーナッツを摂取しておくことで、上昇する血圧を抑えることが出来るのです。朝食と一緒に摂取をすることでより高い酢ナッツの効果を得ることが出来ます。もし朝食べ忘れも、お昼などに取り入れて一日20粒は摂取することを心がけてください。