未分類

肝臓さすりが不眠や頻尿の悩みに!?




肝臓さすりが不眠の悩みに!

「最近なんだかぐっすり眠れない…」
こんな悩みを抱えている方は多いと思います。不規則な生活・運動不足・偏った栄養バランス…例をあげればキリがありませんが、ルーティン化してしまった生活習慣を変えるのはなかなか難しいことです。しかし、あるマッサージを取り入れることで疲れが取れ夜もぐっすり眠れるとしたら試してみたくありませんか?不眠にお悩みの方々へ肝臓さすりという方法をご紹介させていただきます。
肝臓さすりとは文字通り肝臓をさする(マッサージする)ことで体内の血の巡りを良くする方法です。肝臓は皮膚を通して触れることのできる器官であり、また増血機能を司っています。その肝臓を皮膚上から優しくさすることで温かい血液を全身に送り出す効果があります。
方法はいたってシンプルです。
①肝臓をさする
右肋骨の下に手を当て左右に20秒優しくさする
②肝臓をなでる
そのまま人差し指から小指までを使い円を描くように30秒なで回す
③肝臓を押す
両手を組み肝臓を包むように優しく10秒押す
※力を入れすぎると肝臓を痛めてしまう危険性があります。優しくさするようにしましょう。
この3つの工程を1日おきに夜寝る前におこなうことによって、良質な血液が体内を循環し不眠症の改善につながると言われています。薬やお酒に頼り切りになる前に肝臓さすりを試してみてはいかがでしょうか。




肝臓マッサージ、別名「肝臓さすり」で不眠が解消するということご存知でしょうか。
肝臓さすりについて、方法や効果などを紹介します。
まず、肝臓さすりの効果の理由について、医学的に肝臓h「健康の要」とも言われる重要な部分であり、アルコールなどで肝臓を酷使していると寿命が短くなると言われています。
肝臓をマッサージすることによって、細胞の血管の出入り口を開く効果があり、体内の循環がよくなり結果的に不眠が解消すると言われています。
不眠以外でも、血流が良くなることで手足の冷えがなくなり、睡眠の質があがるため不眠への影響が減るとも言われています。
ストレスが緩和されて、気持ちの良い睡眠を得られる効果があるのも理由の一つです。
では、肝臓さすりの方法ですが、肝臓の位置・右胸の下にある部位を手のひらでさするだけです。
速くではなく、ゆっくりと正確にさすることが重要です。10回やって、すこし間をあけさらに10回、これを5セットほど進めるだけで大丈夫です。
できれば、お風呂にはいったあとにやってみるとより効率が上がるようです。
もし、カイロなどがあればさきに肝臓のあたりにあてておいて温めるとさらに効果的にマッサージすることができます。
不眠で悩んでいる方がいれば、是非試してみてください。




肝臓さすりは頻尿のお悩みにも!?

肝臓というのは直接、皮膚の上から触れることのできる臓器です。
他の臓器はなかなか直接触る事ができないため、とても基調なのです。
そして肝臓の働きを活発にさせることによって血の流れを活性化させ、健康にも繋がっていきます。

しかし闇雲に肝臓をマッサージするのは危険で、優しく肝臓さすりをしてあげることが大事になってきます。
肝臓をさすることにより、肝臓に血液が集まってきて体全体の血流の動きを活性化させます。

例えば頻尿でお困りの方は肝臓さすりを行うことによって改善されるというデータがあります。
頻尿はとてもナイーブな問題でもあり、夜間など悩んでる方も多いかと思います。
肝臓さすりで血流を良くすることで改善させるのであれば積極的に行いたいですよね。

しかしあまり強い力でさすってしまうと肝臓の組織そのものを破壊してしまう恐れがあります。
もしそうなってしまったら頻尿どころではなく、また別の病気を呼び込んでしまうかもしれませんよね。
ですので、くれぐれも優しく皮膚の上から触るようにしましょう。

また、さするタイミングとしては寝る前が一番いいと言われています。
なぜなら夜間が肝臓の活動が消極的になる時間帯だからです。
頻尿改善をはじめ肝臓さすりによってもたらされる健康効果はとても高いので、寝る前に忘れずに行いたいですよね。