未分類

脳に良い野菜はさつまいも!?さつまいもに含まれる成分を大公開!!




さつまいもにはガングリオシドという成分が含まれています。これは脳や神経細胞に存在する成分で、神経機能に深く関わっていることでも知られる成分。成長するに従い徐々に体内で作られるスピードが落ちるため、歳をとるにつれて記憶力の低下を招く恐れもあります。
脳に関する恐ろしい症状と言えば、アルツハイマーや認知症。これらの症状を予防するにも、さつまいもが効果的なのではと言われています。あくまでも予防ですが、普段の食事に積極的に取り入れていくと良いでしょう。

また、健康的な脳を保つには十分な睡眠が必要です。できるだけ睡眠の質を高めるには、睡眠促進ホルモンと言われているメラトニンが欠かせません。
そんなメラトニンを分泌させるよう促してくれるのがセロトニン。このセロトニンは体内で貯めることができないため、積極的に取り入れる必要があります。
セロトニンを作り出すものの1つが、ビタミンB6。サツマイモにはこのビタミンB 6が豊富に含まれており、セロトニンを作り出す際に活躍してくれます。
さつまいもは脳や神経細胞に存在するガングリオシド、そして質の高い睡眠をとる上で大切なセロトニンを作り出すビタミンB 6の2つを兼ね備えているのです。脳に良い野菜と言われているのも納得ですね。




脳の健康にも昨今注目が集まっており、脳機能障害を及ぼすと重篤な場合はアルツハイマーなど人生に重大な損害を及ぼしてしまう原因にもなるのです。普段から脳に良い野菜を取りたいという人も多いのではないでしょうか。
最近では脳に良い野菜としてさつまいもがピックアップされています。なぜさつまいもがピックアップされているのかと言うと、さつまいものポリフェノールが特にアルツハイマーなど脳の健康に有効だと言われています。皮や肉の色が赤紫色のさつまいも、この赤紫色にしている色素がアントシアニンであります。このアントシアニンはポリフェノールの一種であり、特に紫芋に多く含まれています。アントシアニンの効果により紫色に見えるのです。このアントシアニンという色素がアルツハイマーの予防効果とあるとされており、さつまいもがアルツハイマーに有効的だとされているのです。
さつまいものアントシアニンを含むポリフェノールはさつまいもの皮から約5ミリ内側までにその全体の80%が存在しているため、皮をむきさつまいもを利用することは、そのアントシアニンが含まれているポリフェノールの部分のほとんどを捨てていることになります。そのためさつまいも調理する場合は皮ごと加工を利用することがアルツハイマー予防にとって大変有効打になるのです。




友達に聞いたのですが、脳に良い野菜があの甘くて美味しい さつまいもだなんてびっくりしました。どちらかと言ったら脳みそをのんびりさせるような リラックス系の効果の方があるように感じます。サツマイモに入っているどの成分が脳みそにいいのか?を調べてみました。サツマイモには、ガングリオシドという成分が含まれているようです。そのガングリオシドという成分が脳細胞を活性化行っています。ガングリオシド最強の成分ですね。なんと脳の神経細胞の情報伝達をスムーズにする働きがあるようです。友達の子どもが今年受験なので、今年の秋に畑で作ったサツマイモをガングリオシドの話をしながらプレゼントしようと思います。
サツマイモは食物繊維が豊富なので腸も綺麗になり脳にも良いなんて本当に最強の野菜ですね。ふかしてつぶして固さを考えて簡単に出来る離乳食として良く使われています。子どもが小さい頃うちでもよくさつまいもを使いました。赤ちゃんの頃からこんなに頭の良くなる成分を自然にとる事が出来ていたんだなとうれしく思います。それにしても「ガングリオシド」という成分読んでいると強いイメージの名前だなと思いました。いろいろな食べ物の成分にもこれから目をむけていきたいです。




そんな脳に良い野菜、さつまいもを美味しく食べる!さつまいもの甘煮のレシピ!

さつまいもの甘煮のレシピです。
さつまいもを1.5センチほどの厚さになるように輪切りをする。
切ったさつまいもは水にさらす。(5分くらい)
さつまいもが300gの場合
水(だし汁)800ml
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 小さじ1

を鍋に入れる。
落し蓋をして、中火で約30分煮る(さつまいもが串が刺さるくらいに柔らかくなれば完成)。

レシピは以上です。
調味料の分量は上記が基本ですが、途中で味見をしながら調整してください。
焼き芋にするにしてはなんとなく甘さが足りないようなさつまいもでも、このレシピなら甘く美味しく食べることができます。
煮汁の分量はさつまいもが浸かる程度で大丈夫です。上記の分量を参考に、さつまいもの大きさや分量に合わせて調整してください。
煮汁が多すぎても失敗することはないので、不安な場合は少し多めにしてもいいと思います。
煮ている間に水が飛んでいくので、時々様子を見て水を追加する必要があります。
皮をところどころ剥いてから調理してもいいです。
その方が味が染み込みやすくなります。ただ、煮崩れはしやすくなります。
この料理は、味で失敗することはあまりないと思います。
途中で味見をしていたらほぼ100パーセント誰でも美味しく作れます。
強いて難しいところをあげれば、煮崩れしやすいことです。
落し蓋をしてこまめに様子を見れば大丈夫です