未分類

高血圧の改善に役立つのはカリウムと食物繊維




高血圧の改善に役立つのはカリウム

高血圧に悩んでいる人は、普段の食事の中でできるだけ塩分を減らす必要があります。とは言え、多くの食事メニューの中に塩分が含まれているもの。どんなに配慮していても、体内に余計な塩分が残ってしまうケースは珍しくありません。
そこで役に立つミネラルが、カリウム。カリウムは人の体内にある余分な塩分を外へ出す働きを持っているため、血圧を下げてくれる効果が期待できるのです。
カリウムが多く含まれている食品といえば、ほうれん草やじゃがいも、ブロッコリーなど。ばななやキウイなどのフルーツにも含まれています。
高血圧に悩んでいる方は、できるだけ塩分の少ない食事を心がけるのと同時に、カリウムが多く含まれている食材を中心としたメニューを食べてみては。乾燥わかめにも多く含まれているので、普段のサラダや味噌汁にさっとプラスするのもいいですね。

高血圧にはカリウム




高血圧の改善には食物繊維もオススメ!

高血圧がもたらす様々な病気として有名なのが、心臓病、腎臓病、動脈硬化。しかし美味しい食べ物に限って血圧が高くなるものばかりだけど、簡単にやめられないのも事実です。年齢を重ねる度に上がっていく血圧の数値、このままでは重い病に犯されてしまいます。
そうなる前に普段の生活から改善しなくてはなりません。
高血圧な人が摂取するとよいと言われている食材の一つとしてあげられるのが、食物繊維の含まれる食材(野菜、果物)です。

食物繊維には2種類あり、一つは水溶性食物繊維、もう一つは不溶性食物繊維と呼ばれるものがあります。不溶性食物繊維は水に溶けにくい性質を持っていますので、便の排泄の働きを促進してくれる効果があります。
逆に、水溶性食物繊維は、水に溶けやすく、溶けるとゲル状になる為食後の血糖値の上昇を抑える働きや、腸内環境を整える効果があります。主にきのこや海藻、芋等に含まれています。

こういった食材を多く摂取することで、高血圧を予防することができるのです。